忍者ブログ
HOME > 前項現在のページ > 次項 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.02≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

急行天北は名寄駅を出発し士別駅へ向かい始めた。

昨日の夜は真っ暗な闇、しかも仮眠中だった士別までの“未知”の風景、

広々とした農地、そしてポツポツと建つサイロ、

いかにも北海道という景色をのんびりした気持ちで眺めて楽しんだ。



わずか20分ほどの士別までの旅はあっという間に終わった。

この度は輪行袋をほどく必要もないのでゆっくりと降りる準備をしたのだが、

1分停車というのは思いのほか短い。

北海道でのんびり癖がついてきたからか、下車した後すぐ戸が閉じた。


そして、ちょうど隣のホームに停まっている名寄行き快速えんれいに乗車し、

今通ってきたばかりの鉄路を戻っていった。

さっきとは逆の車窓を楽しんだところ、遅咲きの菜の花かと思われる

鮮やかな黄色い花々がまばゆく輝いて揺れていた。

北の大地の夏、爽やかな風、サイロ・・・。心地よさそのもの。

そんな快速えんれい号の旅は短くも楽しかった。

16時26分。名寄駅到着。

輪行袋がそのままホーム屋根の柱に結んであるのを確認して改札口を出た。


そして僕はさらに約50分間の列車待ちの時間つぶしを始めた。

次に乗る列車は名寄本線の鈍行629D、17:15発である。




【PR】
デザイン表札 製作・通販の日本海ファクトリー
PR
15時34分、ついに急行天北は名寄駅に到着した。

稚内駅での6分の遅延時間はあっという間に取り戻し、定刻通り。

ここでは停車時間が10分ある。それは機関車交換を行うからだ。


DD51に牽かれて南下してきた急行天北だが、ここはまだ非電化区間。

いったいどんな機関車に交代するんだろう?と見ていると・・・

やってきたのは同じ形式、DD51だった。まぁそれ以外考えられないし。


というわけで同形式同士の交代だが、付け替えのシーンは何度見ても楽しい。

それにしてもどうして同じ機関車同士で交代するんだろう?

そんな疑問だけはなかなか消えなかった。


僕はこのシーンを見終わって、自転車の輪行袋を駅のホーム屋根の柱に結び、

ちょっと身軽になって再び急行天北に乗り込んだ。

自分の足ともいえる自転車を駅のホームに置いてきぼりにするなんて、

ちょっと大胆すぎるかもしれないが、ここなら大丈夫だろうという思いが

このときには僕の思いを支配していた。


15時44分。

機関車のたすきリレーを終えた列車はフレッシュな雰囲気で出発し始めた。


【PR】 通販 反射材 は日本海ファクトリー



 

道内時刻表の上をあちこちと巡りながら今後の行程を決定した後、

気持ちをすっかり楽にして急行天北の車窓を楽しむことができた。

鬼志別駅から猿払駅まで進んでいくと再びオホーツク海沿いの路線となる。

次の停車駅浜頓別まで海沿いを進む。


浜頓別駅ではわずか1分停車なので下車は出来ない。

しかしこの時点で6分の遅れはかなり取り戻していた。


そういえば、「・・頓別」という名前の駅がたくさんある天北線。

この後にも下頓別、中頓別、上頓別、小頓別と続く。

天北線の旅は2時間半以上とは思えない程あっという間に過ぎていった。


音威子府駅に到着。ここからは天北線が終わり、宗谷本線となる。

ここは、2度目の風景とはいえ昨夜は深夜だったので、全く初めての景色の様。

2分の停車時間を存分に楽しんだ。


さて、僕は名寄本線に乗るため名寄で降りるので、あと1時間ほどだ。

この急行天北での停車駅もあと美深だけということだ。

楽しい時間は過ぎるのが早い。


窓の外の景色はさすがに北海道だ!というほど、サイロが建っている。


ところで、美深駅につくまでの間、もう一度道内時刻表を確認したところ、

名寄駅で降りて次の名寄本線の列車を待つなら、1時間半待ちだとわかった。

というわけで、もう一つ先の士別駅まで行って見ることにした。

急行天北での時間が少し増えて得したような気がした。

【PR】 通販 反射材 は日本海ファクトリー
 


急行天北号は稚内駅を6分遅れで出発したものの、鬼志別駅を目指して快走。

夏真っ盛りの天北線をどんどん進んでいった。


僕はと言うと、その日の旅行行程を練るために時刻表の上を行き来していた。

はっきり決まっていることは8月17日(2日後)の急行まりも札幌行きだけ。

でも、確実にそれに乗れるように釧路に到着していなければならないから、

おのずと計画の方向性は絞られてくる。

というわけで、ほぼ決まったのが16日の朝9:16網走発の627Dに乗ることだ。

そうすればウトロへのバスへの接続、そしてその夜に根室まで到達できる。


あとは、その網走までのルートと時間配分だ。

ぜひ実行したいことの一つは自転車でサロマ湖の湖畔を走ること。

でも明日の計画を考えると、ちょっとでも時間の余裕が欲しい。


考えられるルートは2つある。そして各ルートでも採り得る手段は幾つかある。

1つは旭川へ行って、石北本線で遠軽へ。そして中湧別から自転車で走る。

もう1つは名寄から名寄本線の鈍行で中湧別へ。そして夜間に自転車走行。


石北本線経由なら、少しでも寝られる急行大雪で遠軽まで。

または、特急オホーツクで遠軽まで行っちゃうか・・・。野宿・・・。

名寄本線なら中湧別で野宿してから網走まで自転車走行・・・。


一番まともに見えるのは急行大雪案だが、遠軽駅で鈍行に乗継ぎ

中湧別に着くのが午前5時前。それから輪行袋をほどいて組立て、

走り出してタイムリミット4時間。約80キロくらいありそうな道のりに

このリミットは危険だ。パンクでもしたらその場でアウト!


そうこう考えて出した結論は、名寄本線経由&夜間自転車走行。


この無謀にも思える決定が数々の思い出深いシーンを演出することになるとは、

この時にはまだ知るよしもなかった。

 

【PR】  デザイン表札
昨日の夜に出会った長岡京(京都)からの鉄な旅行者の青年が

僕を見かけて声をかけてきた。

「自分も天北に乗っとったんかぁ。ちょっと来てみぃ、こっちの席おもろいで。」

そう言われてついて行ってみると、B寝台車両に案内された。


指定券を取るつもりがなかったためすっかりチェックし忘れていたのだが、

この急行天北はちょうど昨夜の急行利尻の折り返し編成のためB寝台車がある。

そしてその車両を普通に座席として使うことができるのだ。


「へぇ、おもろいやん」 そう思って少しの間それを楽しんだ。

ただ、座席においてきた荷物のことも気になったので一旦座席へ戻ることにした。


さて、ここから先の旅行行程はどうしようか。

実際のところ、この時点で決まっていることはただひとつ、

17日の夜に釧路駅から急行まりも号に乗るということだけなのだ。


というわけで道内時刻表を取り出し、天北線の車窓も楽しみつつも、

この後のスケジュール選定が始まった。

このまま急行天北で旭川まで行って石北本線経由で道東を目指すか・・・

それとも、名寄駅で降りて名寄本線の鈍行の旅を楽しむか・・・。


次の停車駅は鬼志別駅だ。旭川にしても名寄にしてもまだまだ時間はある。



【PR】 動物の
足跡反射シール 通販の日本海ファクトリー
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]