忍者ブログ
HOME > 前項現在のページ > 次項 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.09≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中興部駅での様子をもう少し・・・。

この駅の駅名標を見ると名寄側の矢印に沿って「西興部」と表示されている。

「あれ、さっき停まった六興駅がない!」

それだけでなく紋別方面の表記も「宇津」となっている。

「あ、時刻表に載っている班渓駅がない!!」 というように、

時刻表には載っているものの正式な駅でない? という駅がいくつか存在した。


さて、629Dは中興部駅を18:32に出発した。

下り坂の線路上を軽快に走っていくキハ22単行気動車。

薄暗くなってきた沿線の農場に乳牛たちの姿が浮かび、 後方へと流れていく。

どんどん暗くなり駅ごとの個性が見分けにくくなる中、班渓駅・宇津駅・北興駅と、

木造のさびれた駅が続く。(と、ひとからげにするのがつらいが。)


目に入ったのは大きな牛舎と河原牧場という文字。

そうしてやがて民家が急に増えてきて、開けた街に入った。

駅とその周辺の街明かりが僕らを招いている様だった。

ついにオホーツク海沿岸の町、興部駅に到着したのだ。


町の中心駅の割に、たった1分の停車で慌ただしかったが、

何とか下車印とスタンプを確保することができた。



PR
ローカル線の鈍行の旅は本当に面白い。

特急で次々と通過する旅では気づかないような風景がいっぱいあり、

ほんの些細な偶然のシチュエーションが脳裏に焼き付いて印象に残る。


上興部駅は何の変哲もないトタン屋根の木造駅。典型的な田舎の駅だ。

それでも恐らく20Wくらいしかない薄暗い電球に照らされた駅名標は、

筆書きのようで風情たっぷり。前言撤回、貴重な田舎駅だ。


さて、旅の記録を見る限り、このあたりからは風景の記録が曖昧になっている。

それもそのはずで、もう夕方6時を回り、風景を見るにはかなり暗い。

でもその分、駅に着くとその印象をちょこちょこ書き留めている。


次の駅は西興部駅。

下川駅ほどではないが、丸太や木くずの山が駅のすぐそばの、

ちょっと広い土地に積み上げられていてフォークリフトが暗い中働いている。

いくらか町が近づいてきたのだろうか。

そう思ったが、また列車が動き出すとのどかな景色へと変わる。


そして、六興駅。

またここに、板敷ホームだけの駅が登場。

ふと時刻表を見ると、営業キロ数が書かれていない。どういうことだろう?

最初から降りる人をあまり想定していないということだろうか。


列車は徐々に山の中に入り込んでいく感じがした。

先ほどまでの、草原やジャガイモ畑のような景色とは明らかに違った雰囲気。

夕暮れのほの暗さが、一気に夜になったかのような感じがした。

でも、そんな線路のカーブの先を見つめていると、 列車用の信号機が見えた。

そこは中興部駅だった。 18:27着。

まさに山の中の秘境駅という感じ。(暗さも手伝ってそう感じるのだろうけど。)

面白いことに上下の各ホームが向かい合っておらず、ずれて設置されていた。

各ホームの端と端が線路上の通路で結ばれ、行き来することができる。

そこを渡るとき、上り列車の目の前を通ることになった。

そう、ここで上り名寄行き656D列車との交換が行われるのだ。

車両はキハ40 230。こちら(上り)が先に出発する。


僕の乗ってきた629Dはまだ時間があるので駅のスタンプと下車印GETへ。

改札の左側手前にはポイント切り替えの手動のレバーが4台並んでいた。

「こんな光景、近々消えるんやろなぁ」と思いながらそれを 見つめ感傷に浸った。



中興部の特産の一つが「牛の放牧!」 つっこみすぎか・・・・。


こうしている間に上り列車が出発。

そして僕が乗る629Dが1分後、5分停車の末に出発した。


名寄本線を東へ東へと進んできた629Dの旅も、

あと少しでオホーツク海沿いに出る。

今度は南東方向へとまっすぐ進むことになるが、その興部まではあと少しだ。



さて、左手に見える下川駅舎を見送るように629D列車は走り出した。

ここから列車はさっきまでよりもスピードを上げたような感じがした。

それは乗客がすっかり減って1トン以上の荷重が取り除かれたからかな?


軽やかに並木の間を駆け抜け、とうきび畑、ジャガイモ畑を 横目に見ながらの

ほのぼのとした風景が続く。

そうして到着した二ノ橋駅は予想通り小さな駅で、

大きさでは先ほどの下川駅とはまったく比較にもならなかったが、

プランターに植えられたマリーゴールドと思われる可愛い花が心を和ませ、

地域の人たちの温かい心が感じられた。


それにしてもすっかり田舎の風景に戻った名寄本線。

小さな駅たちが夕暮れのあかね色に染まりながら僕を迎えてくれる。


次の幸成駅では、赤とんぼが柵の上にとまったり飛んだりを繰り返す。

なんだか、早く訪れた夏の終わりを感じさせるような光景だった。


サイロや広々とした畑が広がったり、時折エゾ松らしき木々の

森が現れる路線を走り、東へ東へとさらにどんどん進む。


そして集落に入るようにして到着したのは一ノ橋駅。

結構立派な駅舎があり、トイレには「便所1号」という文字が書かれていた。

いったい何号まで存在したの?とつっこみたい気持ちをどこにもぶつけられず、

とにかく先に進もう。

岐阜橋駅を出てしばらく走ったころ、車窓の風景は徐々に民家が多くなってきた。

僕の視界に学校らしきものとテニスコートのようなものが映り、

ちょっと開けた町が近づいてきたことが手に取るようにわかった。

こうして到着したのが下川駅だ。


予想外だったのは、この下川駅で乗客の4分の3が降りてしまったこと。

629D車内に残された乗客はわずか8人。

この遠軽行きの列車の全走行距離のうちたった12%しか

走破していないこの時点で利用率がここまで落ち込むとは!


この下川駅で上り名寄行きの652Dと交換した。

そのため少しの停車時間を活用して駅の周辺の景色を車内から眺めた。

駅のすぐ際の土地に丸太がドドーンと山のように積んであり、

木くずの山も所々にあるのが見えた。

とにかくここは木を用いた産業が盛んな所らしく、それなりに栄えていた。

余談だが、僕がこの日に乗っていたキハ22 237は名寄本線の

廃止とともに、ここ下川駅で静態保存されたらしい。


名寄本線矢文駅からさらに東へと進む道中、空が先程よりも明るくなった。

曇天でさっきまではちょっと薄暗かった空が急速に晴れてきたのだ。

こうなれば、今夜は星が見える所で夜を過ごしたいなぁなんて思いが頭をよぎる。

たとえば中湧別駅で降りて、駅舎内で泊まれたらいいなと妄想も膨らむ。


ウッドデッキの矢文駅からわずか3分で次の駅、岐阜橋駅に着いた。

さっきのカルチャーショックがあったからそれほど驚かなかったが、

矢文駅に負けず劣らず小さなウッドデッキの駅だった。

いや、こちらの方がさらにひとまわり小さいホームのようだ。

なぜなら車両一両がホームに納まらないため、

車内放送が「後ろの扉からお降り下さい」と伝えるほどなのだから。


さて、岐阜橋駅を出発する頃までには雲がすっかり消えて、

遠くの山にほんのちょっとだけ引っかかっているのが最後の雲という状態に。

ますます夜の天体観測の希望が現実味を帯びてきた。


相変わらず、ジャガイモ畑と休閑地の草原の景色だったが、

幹線道路が再び近づいてきて、レストランがあるのが見えた。

まさか「牛さん、羊さんようこそ!」と言うわけではないだろうけど、

お客さんが来るのだろうかと、どうでも良い心配をしてしまった。



【PR】デザイン表札 製作・通販の日本海ファクトリー
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]