忍者ブログ
HOME > 高3の鉄道旅行プランニングの記事 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.09≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高校3年1学期の期末テストが終わった1988年7月17日。

僕は、大阪市東部にある城北公園のすぐそばの祖母の家に泊まりに来ていた。

でもそれはただのお泊りではない。

指定券を取るために駅の「みどりの窓口」へ通う拠点としての重要な宿泊なのだ。


とにかく、旅行行程には8月9日から19日発までの指定券が数種類関係している。

指定券は一ヶ月前から発売だから、すでに発売開始しているものも多い。


「いい席は取れないかもなぁ」 という、不安とも悠長ともとれる思いを抱いて、

この日は大阪環状線の京橋駅に行ってみることにした。

他の用事もあったのでここが最寄りのみどりの窓口なのだ。


長い列が出来ていたが、ついに僕の順番が来た。

頭の中で言う言葉を整理しながら落ち着いて僕は言った。

「8月9日の特急白鳥、大阪から青森で禁煙席ありますか?」

それに対してその駅員は(マルスを操作しながらも)怪訝そうな顔をして

「お客さん、禁煙席って言うけどねぇ、他の席でもあるわけないでぇ。

この時期の指定券は1ヶ月前に取り来んかったら、取れませんわ」


ちょっと不快な駅員の言い方ではあったが、確かに正論だった。

つまり、僕の考えていた「いい席取れるかな・・・」は、明らかに“悠長”だったのだ。

仕方なく京橋駅を後にし、自転車をこぎながらゆっくりと大阪駅に向かった。

いやぁ、甘くないなぁと感じつつ、他の案を思い巡らしながら向かう大阪駅。


さて、代替案だが可能な方法としてはまず、白鳥号の乗車日を1日遅らせること、

または特急雷鳥新潟行きと特急いなほの乗り継ぎ。そして寝台特急日本海。

はたしてどれがいいか・・・。


大阪駅に着いてみどりの窓口に置いてある時刻表を確認してひとつの案が消滅。

いなほ号の青森行きは朝に出る1往復しかない。つまり雷鳥とは連絡しないのだ。

というわけで、選択肢は二つに絞られた。日本海と一日遅れの白鳥。

それで、金銭面での制約から、一日遅れの白鳥を第一候補とした。


さて、こちらの指定券は取れるのだろうか。



[PR] ヘッドマーク博物館
PR
山VS海の候補地対決。

海にいける50%の可能性にかけて表向きは先送りになった候補地だったが、

僕の頭の中ではすっかり鉄道旅行プランが出来上がっていた。

というのも、(個人的理由だが)北海道旅行の資金のため無駄遣いできないこと、

それでも「出かけた」という実感が得られる距離感の所に行きたい。

ということで、僕自身がこれまで行っていない所・・・そうだ京都へ行こう じゃなくて

南紀方面へ行こう!とイメージが膨らんでいた。

もちろんS先生に打ち勝って「海計画が勝利すれば」という条件付きである。


そんなある日、S先生が天文気象部の部室に来て突然口を開いた。

「あのぅ、今年の合宿はいったいどないするんや?」


うおっ、いきなり先手を取られてしまった!と、一瞬焦る僕たち。

しかし、ここは昨年の厳しい攻防の経験がある僕が取り繕う。

「もちろん計画しますよ。天文気象部として目的を果たせるような計画を。」

そう言って、合宿の行き先については一切触れずにその場をやり過ごした。


その時、僕は自分がたった今言った言葉を振り返ってひらめいた。

そうや、うちは天文部じゃなくて天文気象部なんだから、星にこだわらなくても

気象関係の目的を前面に出せばいいんやんか!


そう考えてみると海計画の実行がかなり現実味を帯びてきた。「光が射した!」

海沿いの町で気象観測をしている所がなかったかなぁ・・・

あったあった! 潮岬測候所だ。まさに南紀方面。お見事や!

しかも、潮岬なら測候所とは別に、見学可能な灯台もある。

これらはいずれも気象部の観点からはかなりのプラス要素だ。


と、そこに再びS先生が現われ、熱く語り出した。

「今年は山で合宿するんやろ。伊吹山とか木曽とかええぞぉ。空気もおいしいしな」

「あ、その事ですけど、去年の教訓を生かすことを考えました。」

「お、そうか。やっぱり山の空気の方がきれいやろ?星もよぉ見えるで。」

「いや、去年は曇って天体観測が一日中止になってしまったんで、

今年は他にも目的を作ることにしたんですよ。気象部だから測候所見学・・・。」


S先生はすぐ感づいて絶句。山に見学できる測候所がある所など少数しかない。

「海計画断行」であることは明白だった。

「また海か・・・」そう一言残し、S先生はうなだれるように去っていった。


ちょっとかわいそうな背中だったが、とりあえず今年の攻防も勝利。

鉄道旅行、いや合宿の行き先は和歌山県串本町・潮岬!本州最南端の地だ。


大きな地図で見る


 

「北海道鉄道旅行」計画に没頭していた僕だが、この夏の旅はそれだけではない。

1988年も、毎年やってくるあの行事「天文気象部・夏合宿」がやってくる。

そして、この年も天文気象部顧問のS先生との駆け引き・攻防が待っているのだ。

とにかく山が大好きなS先生。

合宿はぜひとも山に行きたい

山以外なら中止しよう。 (自分の山登り計画実行のため)

というほど山にとりつかれているS先生・・・。


一方では、部員達が昨年の夏合宿で楽しんだあの海水浴が忘れられず、

「今年も合宿は絶対海に行くぞ!」と息巻いているのだ。

僕自身は海か山かなんてことはどうでもよかったのだが、

顧問のS先生が中止を宣言する事と、参加部員数が不足する事だけは、

なんとしても避けなければならなかった。

「まったく困った顧問と困った部員たちだ・・・」


こうして板挟みになった元部長の僕と当時部長の享君は作戦を練ることになった。

1・ 行き先の検討は後回しにして、合宿で何を行なうかの計画を優先、

2・ そうしてとにかく合宿の実行を揺るぎないものにする。

3・ その後で山VS海の候補地対決をする

こんな作戦を立てて鉄道旅行いや、合宿計画を進めることにした。

そうすれば海にいける可能性も50%は残るはずだ。




 

車窓で旅する日本列島(西日本編)


ヘッドマーク ・デザインデータ製作 日本海ファクトリー
 


ここまでのところ、北海道内各地への旅行計画と北海道からの帰りの列車を

決めた(というか狙いを定めた)のだが、よく考えてみると往路については、

どうするのか旅行計画を具体化しないまま残されてしまっていた。

なんとかしなければ・・・。


大阪から行く北海道への鉄道旅行。当面の目的地は札幌。

最も代表的な方法は特急白鳥で青森駅、急行はまなすに乗り継ぎという方法。

あるいはブルートレイン日本海で函館駅まで行き、そこから特急北斗で札幌。


他にも考えれば何十通りもあるだろうけど、まず大きな要素は予算の限界。

そして、「すんなり北海道入りしたい」という気持ちが強かったため、

あえて別の方法はリストアップもせずに、特急白鳥&急行はまなす に絞った。



時刻表の上ではすべてがうまくいく。

もうすっかり指定券も確保できた様な気持ちになって気楽な日々を数日過ごす。

しかし、本当の試練はその数日の後に始まった。

高校3年夏、1988年の北海道旅行計画。

宿泊場所未定の日あり、机上の空論の感も否めないが、骨組みが出来てきた。

ここであえて繰り返しておくが学生身分。資金が十分にあるはずもない。

だから天国と地獄ツアーであり、寝台車を使う日もあれば、野宿の日もあるかも?

宿泊地の計画がないということだけはちょっと親に言えないなぁ。

ということでその、野宿になりそうな日が8月15日、16日。

17日と18日は急行まりも2日連続利用することに決定。

そして、北海道脱出となる8月19日はぜひともあのブルートレインに乗りたい!

デビュー間もないプラチナチケット、寝台特急「北斗星」のソロ(B寝台個室)だ。

「それにしてもなんで開放式2段寝台と同じ値段なんやろ?」と不思議。

しかし、一列車にわずかに8室しかないチケットはまさにプラチナ。

「まぁダメ元でソロをとりに行って、ダメなら普通の開放式寝台でいいや」

と、机上の空論は進んでいった。考えの甘さに気づくこともなく・・・。


ところで、この列車は上野行きなので我が家がある関西方面行きではない。

しかし、2学年上の先輩が群馬大学に進学していたので、

この機会にその先輩にも会いに行こうとオプションの計画を立てていった。

つまり北斗星は宇都宮駅で下車し、東北本線で小山まで行き、

そこから両毛線に乗り換えてのんびりと前橋に向かう計画だ。


さて、机上の空論ではどんな計画もスムーズに進んでいくのだが、

問題はここから。何と言っても『切符が取れるのかどうか』が問題なのだ。





[PR] デザイン表札日本海ファクトリー
[1]  [2]  [3
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]