忍者ブログ
HOME > > [PR] > 高3の鉄道旅行プランニング > 札幌近郊から遠隔地への計画 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.10≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

札幌入りしたらまず、札幌在住の西山君の家でお世話になる。

それで彼と相談した結果、札幌到着が8月10日で滞在が14日午後までとなった。

つまり、その間に札幌近郊を制覇し、北海道の遠隔地制覇へと向かう、

そんな2部構成の計画になった。

小樽駅や旭川駅、富良野駅も千歳方面も第1部に含まれる。


さて14日のことだが、夕方札幌を発つ鉄道旅行の手段といえば、

当然ながら選択肢は幾つかに絞られてくる。

それでもちょっと昔。当時走っていた夜行急行列車はいくつもあったので、

その中から自分にとって都合の良いものをチョイスすれば良かった。


まずその一つは急行まりも。14系客車で札幌と釧路を結び、寝台車あり。

道東の旅を考えるなら絶好の夜行列車。道南の旅にもアレンジ可能。

次に急行大雪。同じく14系。札幌から網走に向かう寝台つき夜行列車だ。

そして、もうひとつは稚内に向かう急行利尻。14系で寝台車も連結している。

あとひとつ残っているが、ここでは急行はまなすは除外。

青森行きで、北海道入りする際に乗る事をすでに検討中だから。


さて、どの急行を選ぶのかで、どこから攻める鉄道旅行かが決まる。どうしようか。

ただ一つ言えることがある。ここで大雪に乗って網走に向かったら、

次に行く方向が左右にわれてしまう。だからこの列車の計画はないかな。


消え去りし列車たち ・・・もう見ることができない、あの列車の雄姿をいま一度。 近年、走り去った列車の走行シーンを、昼行特急・昼行急行・夜行列車・快速列車・普通列車・新幹線・ジョイフルトレイン・貨物列車・私鉄線などジャンルに分けて紹介。

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]