忍者ブログ
HOME > 高2の隠岐の島旅行の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.11≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2018.01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鉄道旅行からフェリー旅行へ

七類港で僕を迎えてくれたフェリーおきじ。当時、最大で、主力だった船だ。

2004年4月に引退するまで大勢の乗船客を運んだ、隠岐汽船の功労者。


さて、七類港に到着した僕にはいつもの輪行作業が待っていた。

まずは自転車を解体し、輪行袋に詰め込む作業だ。のんびりしてはいられない。

これだけ大勢の乗客が乗るのなら2等客室はすぐに人で溢れかえり、

カーペット上でゴロンとできなくなってしまう。枕もすぐなくなるだろう。

そう思って、急いで乗船券を購入して、船に乗り込んだ。


予想した通り、すでに大勢の人で埋め尽くされた満員の客室。

そんな様子を見て予定変更し、「今日は気持ちいい天気やし、甲板にいようか」と、

甲板上で道中(海上)の時間を過ごすことに決めた。

鉄道旅行と同じく、輪行袋はくくりつけられる所にしっかり固定した。


徐々に七類の港を離れるフェリーおきじ。乗降口は取り残されたように見える。

そうして穏やかな入り江から大きな日本海へ進み始める。

夏らしい陽光きらめく航海はすごく気持ちよかった。風も頬に心地よい。


波はそれほど高くないが、時折水しぶきが上がって小さな虹が現れて綺麗だ。


しばらく進んだ頃、近くにいた人が、「うわぁ、何か飛びよるよ」 と言い出した。

僕もよく目を凝らして海上を見ていると突然「ビュビューーッ」

と、海から現れて長い距離を飛び、水に消える魚。紛れもなく「トビウオ」の姿だ。

見ていると次々現れ、船から90度方向に飛んでいく。


それに魅了されているうちに隠岐の島影が見えてきた。

今回はよく晴れていて島影が見えるのも去年より早い様だ。でもまだまだ。


船上での2時間半、探検をしたり海を眺めたりしたが、

さすがに暇を持て余すようになり、学校で出された課題図書を読み始めた。

そうしていると、時間は早く過ぎ去り、建物もはっきりと見えるようになっていた。


「おき西郷港」渡船場やショッピングセンターPIERの建物だ。

一年ぶりの隠岐はちょっと懐かしかった。



[PR] オリジナル・ステッカー製作・通販はJ-TRIM山口で
PR
米子での夜、親切な村田さんのお宅で泊めていただきお世話になる僕。

ちょっと古いアパートなので色々な制約があっても、それはそれで楽しかった。


例えば、お風呂は共同風呂。大浴場ではなく順番だ。

大まかな使用時間帯が決まっているとのことだが、たまにずれこむらしい。

だからその時間にほんとうに空いているか確認してから入る。

シャンプーなどはそれぞれ個人用のものがズラリとタイル壁際に並んでいる。

仮に誰かのものを勝手に使ってもちょっともわからない感じ。

でも、村田さんは前もって「僕のはトニックシャンプーだからね」 と言ってくれた。


スッキリして、明日に備えて早めに寝た。Zzz・・・。


しかし、翌朝起きてみると悲劇が・・・・。布団の上に薄茶色のゴミがいっぱい!

「何じゃこれ!」 と、そば枕の中身が出たのか?とか色々考えたが、なんと! 

先日の合宿の海水浴で焼けた「僕の背中の皮」がボロボロとむけて、

しかも細かく粉砕していたのだ。

Tシャツを脱いでみるとさらにドバ~ッ。

「村田さん、すみませ~ん。これ、垢じゃないんです」そう言って掃除をした。

村田さんは「何てことないよ」とでも言うようにニコニコしていた。ほっ。


その後、村田さんは境港まで行く道を教えてくださった。

そうして、初対面のとても親切な人との一時は終わった。


さあ、いよいよ本格的に自転車の出番だ「米子産業道路」を北上して境港へ。

境線の線路とも結構近い道路らしいけど、列車が見えるかな。


村田さんに感謝して別れを告げ、米子を出た。

この日も、とにかくよく晴れた気持ちの良い天候の下での走行。

だから、山陰≒雨ばかり というイメージが僕にはあまりない。


さて、村田さんは「この道を進んでまず博愛病院を目指して」とおっしゃったので、

まずその通りに病院まで来たが、その時「おーい!」と言う声が聞こえた。

なんと、車に乗った村田さんがいるではないか!


「ここがちょっとわかりにくいから心配になって来てみた」とのこと。

この人、いったいどこまで親切なんだろぅ。


こうして、ものすごく親切な村田さんと最後の最後のお別れをし、産業道路に出た。

この道をとにかく進めば境港を越えて島根県に入る。

去年も通った境水道大橋を渡って強烈な坂を下り、一山越えて七類港に到着だ。


空がすごく遠く見えるような快晴の下、自転車で走るのは本当に心地よかった。

時々左に目をやっては、ちょっと垣間見える踏み切りや鉄道標識にときめきつつ、

ひたすら風を切ってペダルをこいだ。

残念ながら、最後まで列車の姿は見られなかったが・・・。


余談だが、僕はどうしてこの際に境線を利用しなかったのか・・・?

それは、隠岐への船が境港発でなく七類発だったため、もし鉄道利用すると

村田さんの家から最寄りの駅まで乗って分解、境港駅で組み立て、

七類港で分解と、繰り返すのが大変だと思ったからだ。

また、境線を客観的に見るのも楽しいかもと思ったが残念ながら当てがはずれた。


こうしてついにやってきた七類港は今年も大勢の観光客で賑わっていた。



[PR] 山口県萩市観光のページ
ワゴン車が去り、一人立ち尽くす。

ここは、米子市西福原にある村田さん家玄関である。

と言っても、インターホンはおろか、呼鈴もない。

なぜなら一軒家ではなく、玄関のあるアパートなのだ。

つまり、この玄関でノックしても、「ごめんください」などと言っても、

誰も出てこないか、出てきても他人である公算が強い。

だから、とりあえず中に入り、部屋番号を追ってみることにした。

どうやら一階の番号ではないようだ。


それで二階へ。ギシギシ音を立てながら昇ってみた。

そして、階段を上がってすぐ左の扉にその部屋番号を見つけ、ノックした。

「・・・・・」

誰も出てこない。というか、隣の部屋の人が出てきた。

「村田さんのお客さん?」

「あ、そうなんです。」

「村田さんなら6時までに帰ってくるよ。もう少しだねぇ」

おぉ、なんとお隣さんの予定まで把握しているとはすごい!

それにしても、人がとっても温かいと感じる街だ。


村田さんは5時半を過ぎてもまだ帰ってこない。

そんな時、アパートの別の部屋の扉が開いた。

そして、出てきたその人は僕の顔を見るなり優しい笑顔でこう言った。

「牛乳でよかったら、飲みます?」

待ちぼうけですっかり忘れていたが、すっかり喉がカラカラになっていた。

だから、そのお言葉に甘えて、ありがたく頂いた。

本当に親切な人がたくさんいる街だ。


そうしているうちにまもなく6時という頃、村田さんが帰ってこられた。

「あ、え~っと、K君?」

「そうです。村田さんですか?よろしくお願いします。」


こうして、僕はありがたく米子での一夜を過ごすことになった。

言うまでもなく、初対面の村田さんも親切な人だった。

そして、村田さんの部屋から見た夕焼けがとても綺麗だった。

CCF20090701_00000.jpg
米子駅で日中に行なう初めての撮影会。十分に堪能できて僕は大満足だった。

その頃には特急券(指定券)をゲットしそこなったショックもすっかり癒えていた。


さて、夕方になったのでそろそろお宿に行かないといけない。

今夜のお宿は、隠岐の親友の紹介で泊めてくださる、村田さんという方のお宅。

聞いたところでは米子市内の西福原という所にお住まいがあるらしい。

住所はすでに教えてもらっているので自転車で行こうと思うのだが、

駅を出たらそこはチンプンカンプン。土地勘がないため見当がつかない。

そこで、駅員さんに尋ねてみることにした。

「すみませーん。西福原という場所はどちらの方向ですか?」

すると、後ろに立っていた見知らぬおじさんからいきなり、

「おーぅ、あんたぁ西福原に行きたいんかねぇ?」と尋ねられた。

それを見た駅員さんは、

「あぁ、この人に連れてってもらったらいいよ」と(無責任にも見える)発言。

(ちょっと!誘拐されたらどうするんだよぉ)

なんとものどかな、この上なく信頼で成り立っている街だ!誰もが知り合い! 

そんな気がするような出来事だった。


実際、ワゴン車に載せてくれたその人に住所を言うと、家の前まで案内してくれた。

おぉ、お見事!  「どうも、お世話になりました~」

そして、今度は村田さん、お世話になります!
国鉄時代、そしてJRになってからもしばらくは全国各地に「L特急」が見られた。

「L特急」は一日に何本も次々と運行し、、大体において毎時定まった時間に出る。


JR東日本やJR九州がこの呼び名を捨てたのがいつなのか覚えてはいないが、

今でも実質的にその要素を持つ列車は当然ながら存在する。


ちょっと昔のこの当時、北海道ならライラックやホワイトアロー。

東京駅だと踊り子。そして、さざなみ、わかしお、しおさいなどの房総特急。

上野駅は新幹線開業前ほどではないが、それでも数えるだけでたいへんだった。

金沢駅だと雷鳥、しらさぎ、加越、白山・・・。天王寺駅なら、くろしお。

博多駅なら かもめ、有明、にちりん。など代表的な列車が。

四国にもディーゼルながらL特急扱いの、しおかぜ があった。


と、前ふりが長くなったが、ここ米子に来るのはL特急やくも号。



僕がディーゼル特急や快速を追いかけているうちに何度も何度もその姿を見た。

正直言って、他の(運転本数の少ない)列車と比べると、

「いつでも写せるから後でいいや・・・」という気持ちが起きてしまう。

しかし、よくよく考えてみると、とってもありがたい存在なのだと思い始めた。

なぜなら、この やくも号のお陰で、後々まで山陰本線に高速化の波が届かず、

縦のライン(陰陽連絡)だけの高速化で今日まで来たと僕は感じているからだ。

(その点では智頭急行も大きな貢献かもしれない?)


確かに「偉大なるローカル線」として今日に至っている山陰本線は、

ある意味で時代に取り残された路線の要素がいっぱいかもしれない。

でも、そんな路線だからこそ、ちょっと昔の魅力的な鉄道旅行を演出してくれる。



[PR] 鉄道のサボ型表札作りませんか J-TRIM山口で
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]