忍者ブログ
HOME > > [PR] > 高2の隠岐の島旅行 > 高2の鉄道旅行第2弾 隠岐の島Ⅱ 出発! RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.04≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高校2年の鉄道旅行第一弾「天文気象部合宿旅行」の熱も冷めやらぬまま、

1987年7月29日。第二弾旅行の出発日が、飛ぶようにやってきた。

それはちょうど、竹野町の弁天浜海水浴場で泳いだ時の日焼けが、

僕のひとつひとつの動きに多大なる影響を及ぼしている真っ最中のことである。


去年と同じ様に、今回の旅も大阪駅から乗車する。

それで、大阪市内の城北公園のすぐそばに住む祖母の家に泊まり、

早く就寝し、7月30日朝4時台に起床した。

颯爽とペダルをこぎ、早朝の城北通りを一路西へと自転車で向かった。


荷物を載せるキャリヤなどついていないロードレーサーのため、

スポーツバッグを肩から斜めにかけるしか方法はない。

ヒリヒリ日焼けの肩に食い込むスポーツバッグがうらめしい。


痛みに耐え、痛みに慣れてきた頃に城東貨物線の

ガードをくぐり、ほんの少し車が増えてきた頃、大阪駅にたどり着いた。

到着はまだまだ人も車も少なく、あたりもまだ暗さの残る午前5時20分頃だ。


自転車の輪行も、もうかなり慣れてきた。ほんの10分もあれば解体はできる。

それで、バラバラにした自転車を整理して輪行袋に詰めて手で起こし、

窓口まで切符を買いにいこうとした時、激痛が走った!。

気づくと肩の皮がむけ始めていたのだ。


旅はまさにここから始まるのだから痛いのなんのと言っていられない。

そう思って気を取り直し、みどりの窓口へ。

「すみませ~ん。米子までの乗車券下さい」

「乗車券だけでいいの?」

「大丈夫です。岡山からの特急やくも1号の指定券は持ってますんで」

こんなやり取りをして切符を購入でき、ホームに上がることにした。


ゆっくりと上がってみると、ちょうどこの頃開催されていたのか、

天王寺博のPRヘッドマークをつけた普通電車がそこにいた。

JR元年の205系電車 天王寺博号

そういえば、関西地区に205系が配置されたのはこの頃だったかな。

記憶が定かでない。


さて、ここで思いもよらないサプライズがあった。

それは思い出深い一こまとなり、旅の始まりを大いに沸かせてくれるものだった。


[PR] オリジナル・ステッカー製作はJ-TRIM山口で

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
長崎市内自由行動ー修学旅行4日目
牧野高校11期生修学旅行。 4日目は長崎市内の自由行動の日だった。 学校から指示されていたのは「必ず平和公園に行くこと」 という一つだけで、あとは班ごとに好きなところにいけた。 僕たちのグループは全部で6人の班だったが、 鉄道ファンが2人、さだまさしファンが5..
URL 2009/09/19(Sat)10:35:54
[230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]