忍者ブログ
HOME > > [PR] > 高2の隠岐の島旅行 > 高2の夏鉄道旅行のラストナイト 出発編 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.09≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

松江とお別れの夜、藤田さんは親切に駅まで車で送って下さった。

おかげで、松江駅前で自転車を解体したり輪行袋を広げたりせず、

ただ荷物を肩から下げてまっすぐ改札に向かうことができた。

藤田さんにありったけの感謝と別れを告げ、通路を進んだ。



改札口の前にある窓口で手回り品切符を発行してもらったが、

手書きのもので、車内販売切符の色違い版という感じだった。

輪行・鉄道旅行の必需品「手回り品切符」

現在では自転車を載せるのに手回り品切符は不要だそうで、

この切符を使っていたのも、ちょっと昔の話だ。


さて、その後階段を昇ったが、旅行に出た時にあれほど痛かった

日焼けの肌もすっかり冷めて痛みはすっかり消えていた。

つまり、それだけ長い時間が経過した旅行だったんだと実感。


この階段は痛みではなく疲労のためちょっと長く感じたが、

僕の乗る4号車がちょうど真ん中あたりだったため、ちょうどの位置。

階段を上がってすぐだったので本当にホッとした。

やはり、長い旅行の最終日に自転車で日御碕まで往復したのは

ちょっと過密スケジュールだったかもしれない。


そうして荷物をホーム上に置き、急行だいせん号の到着を待ったが、

そんな僕の隣りにはあの自販機があった。

そう、興味がわいただけで手は伸びず、実際に買うことのなかった、

二十世紀梨ドリンクの自販機だ。こいつとももうお別れだ。



松江駅ホームの上で出雲市方面をじっと見つめていると二つの灯り。

遠くから見えてきたのはやや低い位置のライトだ。

そう、DD51機関車に違いない。急行だいせん号の到着だ。


ブオォォォーーーンと機関車が大きなエンジン音を響かせたのに続き、

12系客車が入ってきた。6号車から1両・・・2両・・・・・・3両。

4号車がちょうど目の前で止まり、3号車以降の14系寝台は

チラッと見えただけだった。


まずはいつも通りデッキの手すりに輪行袋をくくりつけ、しっかりと固定。

自転車が倒れないようにしたら、今度は自分の座席に行かなければ。

8番A席・・・・あ、ここか。えぇ~~っ!人が座ってる!

そうだ、米子駅までは自由席なのだということにここで初めて気付いた。

この列車には通勤客など、様々な人が乗車して混雑。

仕方がないのでその近くで偶然にも空いていた席に一時的に座って

米子に着くのを(または空席になるのを)じっと待つことにした。

ちょっと盲点だった指定席事情。長旅にはちょっと辛いものがある。


しかし、ありがたいことに安来駅を出て気が付くと、

僕の指定席はすでに空いていた。どこかで降りられたのか。

それで米子駅到着の一足先に自分本来の席に移動できた。

ホッとして、大きいカバンを棚に上げ、小さなポーチだけ

手に持って座りながら夜の景色を見つめた。

時刻表を開いて米子駅での停車時間を確認した。到着は22:04。

そして、出発は22:42。つまり停車時間は38分と長い。

これはもう一度ゆっくり米子駅での時間を味わえる!

そう思いながら米子に到着するのを待った。




【PR】 99%UVカットのガラスコーティングフィルム
PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
今は手回り品切符が要らないんですか?
良くデッキにくくりつけられている自転車には手回り品切符がくっついているのを目撃しましたよ。
TRAVAIR 2009/09/29(Tue)23:45:13 編集
無題
実は私も鉄道会社に直接確認したことはないんですが、折りたたみ自転車の普及に伴って、自転車には手回り品切符が要らなくなったと聞いています。地方ではそのまま載せられるところもあるんですよ。すごいですよねぇ
smilykaz URL 2009/09/29(Tue)23:57:12 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
白鳥の北紀行
新大阪駅で乗り込んできた隣りの乗客はビジネスマン。 眉間にしわを寄せてため息ばかりついている人だった。 出発してわずか5分でこの雰囲気に変わってしまうとは・・・。 でも気を取り直して新大阪を出発。 ホームそのものが右に大きくカーブし、新幹線ホームを くぐ..
URL 2010/03/31(Wed)13:54:02
[270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]