忍者ブログ
HOME > > [PR] > 高2の隠岐の島旅行 > 大阪~神戸、そして西明石 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.10≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大阪駅ホームを出て大阪環状線からも離れ、西へ走り始めた電車は、

快調にスピードを上げていった。

この当時まだ全盛期だった、緑色とオレンジの湘南カラーの113系電車だ。


昨年の夏に夜行
急行だいせん5号に乗った時には夜の暗闇の中、

まだ寝静まらぬ街の灯りだけが見えていた。

でも今年は早朝の日の出をバックに感じ、美しく感じる大阪の風景だった。


淀川鉄橋を渡るとき、軽やかな小気味良いリズムで走行音が響いていく。


塚本を過ぎ、尼崎を過ぎる。

いよいよここからはかなり久し振りに通る路線だ。

(小学生に上がる前に須磨海水浴場まで乗ったらしいのだが記憶は微妙)


福知山線に別れを告げ、電車は西宮へと向かう。

途中、夏の高校野球開幕間近の甲子園のそばをかすめ、どんどん西へ。


三ノ宮駅に到着する時、左上にポートライナーのりばが見えた。

朝の6時25分。もうすっかり動き出している。旅行者ではなく通勤客を乗せて。


そして神戸に着いた。東海道本線の終点で山陽本線の起点の駅。

とはいえ、鉄道の要所というような威厳めいたものは少しも感じられなかった。

唯一感じられそうな「0キロポストをキョロキョロ探してみたが結局みつからず。

鉄道の要所・神戸。旅行者はそんなことには気付かない

そうしてさらに進んでいくと左側にようやく海が見えてきた。

須磨や舞子のあたりは非常に海が近くて、とてもいい景色だ。

時折、山陽電鉄の姿が見えたりもするが、見下ろしてちょっとした優越感を味わう。


明石に着く頃、この街で一番有名なもの、日本標準時の時計塔が見えた。

旅行者の目を引くのはむしろこの大きな時計塔だ

その後まもなく西明石に着いたが、そこには水色の201系の上り列車がいた。

多くの普通電車がこの西明石で折り返しているのだ。

ちなみに、個人的好みではあるが、僕はこの201系が好きだ。

さて、ここ西明石駅は新幹線のホームが在来線ホームの上を横切る形で、


新大阪駅を小さくしたような印象の駅だ。

とはいえ、このときそこに列車の姿はなかった。




ストリート・プレート いろいろなデザインの表札作成します。J-TRIM 山口
PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
長崎駅でのワクワクするような時間
長崎駅は僕にとって夢の空間だった。 L特急かもめ を撮影したあと、目に付いたのはやはり、 ブルートレインだ。到着してホームから引き上げてはいたが、 300ミリ望遠レンズを持っていっていたのでカメラにとらえた。 14系のフル・ホワイトライン編成はブルートレインさ..
URL 2009/09/20(Sun)21:55:37
[232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]