忍者ブログ
HOME > > [PR] > 高2の隠岐の島旅行 > 夏空の下、隠岐汽船「フェリーおきじ」のちょっとわくわく旅行 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.02≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鉄道旅行からフェリー旅行へ

七類港で僕を迎えてくれたフェリーおきじ。当時、最大で、主力だった船だ。

2004年4月に引退するまで大勢の乗船客を運んだ、隠岐汽船の功労者。


さて、七類港に到着した僕にはいつもの輪行作業が待っていた。

まずは自転車を解体し、輪行袋に詰め込む作業だ。のんびりしてはいられない。

これだけ大勢の乗客が乗るのなら2等客室はすぐに人で溢れかえり、

カーペット上でゴロンとできなくなってしまう。枕もすぐなくなるだろう。

そう思って、急いで乗船券を購入して、船に乗り込んだ。


予想した通り、すでに大勢の人で埋め尽くされた満員の客室。

そんな様子を見て予定変更し、「今日は気持ちいい天気やし、甲板にいようか」と、

甲板上で道中(海上)の時間を過ごすことに決めた。

鉄道旅行と同じく、輪行袋はくくりつけられる所にしっかり固定した。


徐々に七類の港を離れるフェリーおきじ。乗降口は取り残されたように見える。

そうして穏やかな入り江から大きな日本海へ進み始める。

夏らしい陽光きらめく航海はすごく気持ちよかった。風も頬に心地よい。


波はそれほど高くないが、時折水しぶきが上がって小さな虹が現れて綺麗だ。


しばらく進んだ頃、近くにいた人が、「うわぁ、何か飛びよるよ」 と言い出した。

僕もよく目を凝らして海上を見ていると突然「ビュビューーッ」

と、海から現れて長い距離を飛び、水に消える魚。紛れもなく「トビウオ」の姿だ。

見ていると次々現れ、船から90度方向に飛んでいく。


それに魅了されているうちに隠岐の島影が見えてきた。

今回はよく晴れていて島影が見えるのも去年より早い様だ。でもまだまだ。


船上での2時間半、探検をしたり海を眺めたりしたが、

さすがに暇を持て余すようになり、学校で出された課題図書を読み始めた。

そうしていると、時間は早く過ぎ去り、建物もはっきりと見えるようになっていた。


「おき西郷港」渡船場やショッピングセンターPIERの建物だ。

一年ぶりの隠岐はちょっと懐かしかった。



[PR] オリジナル・ステッカー製作・通販はJ-TRIM山口で
PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]