忍者ブログ
HOME > > [PR] > 高2の隠岐の島旅行 > 修学旅行は大雨から濃霧へ RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大雨の中往復したサファリランドの後はとにかく食事。

そして、クラスタイムとかいう時間があり、それぞれ12のクラスごとに

ゲームをしたり、キャンドルサービスをしたりして過ごした。

我がクラスはというと、「あっち向いてホイ大会」に熱狂した。


その夜は台風が上陸するかどうかという大荒れの天気だったが、

台風の目に入ることはなく、徐々に東側にそれていくのを夜遅くまで

ニュースで確認してすごした。



さて、台風一過の3日目はというと、雨は上がったものの霧がすごかった。

この日はバスで阿蘇山に向かい、
阿蘇火山博物館というところに着いた。

このものすごい濃霧の中、よくぞここまで来れたものだと感心した。

ドアが開き、みんな順番にバスを降りるはずだが、なかなか先に進まない。


後の方からクラスメートが「何やってんねん。はよぉ降りろやぁ」と大声で言う。

しかし、『進まなかった理由』は、実際に降りてみて初めてわかった。

霧があまりにも濃くなって、わずか5M先さえ見えないため、

たった一歩進むのも本当に恐いほどだったのだ。


でもただただ真っ白な景色の中、おそるおそる進むと自販機の灯りが

見えてきたので、もう建物に近づいてきたことがわかった。


博物館の建物の中に入るとそこは結構楽しかった。

迫力ある映像で火山や火口の様子が紹介されていたのだ。


その後、硫黄の粒と写真集がセットになった物をお土産に買った。

しっかりビニールに包まれていたが、例の「腐った卵の匂い」が付いてまわった。

写真集は、霧が晴れていたらちょうど見渡せるはずだった「草千里」、

火山の噴火口の様子などの写真集だった。


そんなふうにして修学旅行の前半を終えた僕たちは天気が回復してゆく中、

次の目的地、熊本へと向かった。

その三日目の午後は一気に爽やかなあおぞらが見えるようになった。


西肥バスのガイドさんが「シルバーブルーの歌」という

どうやら会社の歌らしき歌を歌っているのを聞きながら水前寺公園へ。




《PR》 山陰本線の駅写真図鑑へ
PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]