忍者ブログ
HOME > > [PR] > 高2の隠岐の島旅行 > フェリーくにが に乗って島前へ RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.09≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝一番の島前行きフェリーくにが が、おき西郷港に停泊していた。

さっそく窓口で乗船券を購入した。

最初にこの島前(どうぜん)を簡単に解説すると、まず3つの島で構成している。

人口順に、西ノ島、中ノ島、知夫里島の3島。

船が真っ先に着く港「別府港」は西ノ島の東部の港。西部には浦郷港がある。

僕たちが行こうとしているのはこの西ノ島だ。

おき西郷港を離れる船から見た港

船はゆっくり岸を離れる。

未踏の地に行くのはちょっとワクワクする。

お隣の島というわりには結構遠く、時間をかけて別府港に到着した。


僕たちは観光船に乗って西ノ島の東岸をぐるりと回って北岸を通天橋まで行き、

船引運河を通って浦郷港に至るコースの切符を購入した。


別府港を出た観光船

観光船(といっても普通の釣り船クラス)は勢い良く走り出した。

水しぶきを上げて瞬く間に別府港は見えなくなってしまうほどだった。

最初に見えたのは三郎岩。

三郎岩・さぶろういわ。まるで、だんご三兄弟

ちょっと昔流行った「だんご三兄弟」じゃないが、そんな印象の岩。

なんとなく、ちょっとかわいい。

外海に出ると船は結構揺れ始めた。それがまた楽しかった。


西ノ島の北岸は奇岩がたくさんあり、海の侵食による面白い地形もある。

その一つがこの赤壁だ。知夫の赤壁ほどの大きさはないが確かに面白い。

赤壁

波による侵食が形作る自然の造形はダイナミック。

他にもたくさん奇岩を見たり岩のトンネルを通ったり、観光船を存分に楽しんだ。

そうして、コースの西の端、通天橋にまでやってきた。

観光船から見た通天橋

ちょっと天気が悪くて残念。しかもこちらは完全に影。

とりあえず形だけはとらえたかな。って感じだった。

船は引き返し、途中にある船引運河を通って島の南側に出てきた。

右の方に回って浦郷港に着いた。


さて、ランチは簡単にパンで済ませた僕たち。

それから摩天崖(まてんがい)に向かうバスが丁度いいタイミングで出るとわかり、

とりあえずそれに乗り込んだ。


バスは摩天崖への上り口「国賀」バス停に向かった。

国賀・看板

フェリーの名前にも選ばれている通り、ここ国賀海岸は隠岐の島随一の景勝地。

この付近には天上界と呼ばれるエリアもある。

その辺りを見てから通天橋のそばまで行ってみた。

先ほど観光船から見たあの場所だが、何とちょうど晴れてきた。

晴れて輝く通天橋

晴れてこそ、その美しさが映えて見える。ちょうどよく晴れてくれてよかった。

そしてここから一気に258mある摩天崖へと昇っていく。

長い長い草原の斜面を登るのはなかなかの重労働だがとにかく上がり始めた。

摩天崖に向かう道中

たくさんの牛や馬が放牧されている草原をひたすら自転車を押しながら登った。

ここの動物たちは人を恐れ、自分の方が弱いと思い込むようにされているらしい。

摩天崖への道中で見た牛さんたち

親友はちょっと体力に自身がないからバスで戻ると言って国賀バス停へと下った。

僕一人登ることになり、ちょっと恐る恐る牛たちの間を歩いて登っていった。

そうしてついに摩天崖のてっぺん、海抜258mの地点までたどり着いた。

摩天崖の頂点で愛車エンペラー・ロードレーサー

ここまで、ロードレーサーである愛車エンペラーは乗れる状態ではなかったが、

下る道はきちんと舗装されていて走ることができた。しかも下りばかり。

摩天崖から見た日本海も、下り始めてから見えた浦郷の海も絶景だった。

西ノ島南岸を見下ろす

下り坂の途中でどうしても立ち止まって写真を撮りたいと思った景色。

そして、坂を下り、東を目指して走っていった。

帰りの船が出るのは坂の下の浦郷港ではなく東の別府港だからだ。

一生懸命ペダルをこいでいると、前方に国賀発のバスが走っているのが見えた。

「お!あのバスに乗ってるんやな。追い越したろ。」

ますます力を入れてこいでいくとバスを追い越すことができた。

でもその直後に別府港に到着した。


久し振りにロードレーサーの本領を発揮できた。

別府港では30分ほどの余裕があり、待合室でテレビに見入っていた。

夏の甲子園ももう終盤に入っていたがこのとき画面に映っていたのは、

尽誠学園の伊良部秀輝だった。

力強い投球を最後まで見届けることなく、フェリーが到着したため船へと向かった。


【広告】 自転車・バイク・車にも・・・ステッカーを作って貼りませんか
PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
宮原総合運転所(旧 宮原客車区)
ブルートレイン、客車列車ファンの皆様。 GOOGLEの航空写真を見て僕は思わずうなりました。 大きな地図で見る ここがどこだかわかりますか? 地図をちょっとずらすだけでわかるはず。 そう、新大阪駅のすぐ西にある宮原総合運転所。 ここに止まっている車両たちを見てくだ..
URL 2009/08/31(Mon)15:19:13
[257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]