忍者ブログ
HOME > > [PR] > 高2の修学旅行 > 鉄道旅行からバス旅行へ 小倉駅から青の洞門、杖立温泉へ RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.03≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ひかり191号で到着した小倉駅ホームから階段を下り、

改札を出た僕たちはまず点呼を行なう。

さすがに600人近い大所帯だから何度も行なう点呼もやむをえない。


無事に確認でき、駅外のロータリーで待機していた観光バスに乗りこんだ。

最初に向かった場所は「青の洞門」。

それは大分県中津市の耶馬溪近くにあるトンネルとその一帯の総称だ。


到着した僕たちはガイドさんに言われるまま、駐車場から山国川の川原へ。

ただ、最も印象的だったのはそのあたりのきれいな景色と言うより、

歩行者用信号の青の時間の短さだった。

おそらく15秒くらいで点滅が始まる。

600人の大所帯が渡り終えるのに何度の赤信号を見たことか・・・・。


そこで記念撮影を終えた牧野高校一行は、一路
「杖立温泉」を目指した。

僕たちがその夜宿泊することになっていたのは
「肥前屋」という宿だ。

aaCCF20090831_00001.jpg

興味深いことに、ちょうど熊本県と大分県の県境に位置している。

そのため、同じホテル内なのに渡り廊下の西は熊本館、東は大分館と表示。

CCF20090831_00001.jpg

しかし、それでいて肥前屋という名前はいかがなものか。と、つっこみたくなった。

その夜は雨がしとしと降り始めたがあったかい温泉に身をゆだね、

満足のうちに床に就いた。


さーて、明日の九重登山はどうなるんやろうなあ。

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
1988夏の北海道旅行計画・続編
天文気象部合宿計画が軌道に乗り始めたということで、 とりあえず一安心し、すべてを新部長に委ねて、 僕は再び自分の北海道一人旅に精力を注ぐことにした。 これまでに、北海道内の旅行計画とその帰りの列車を 決めた(というか狙いを定めた)が、なぜか往路が、 どう..
URL 2009/11/25(Wed)23:08:16
[279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]