忍者ブログ
HOME > 高校2年鉄道旅行(合宿その他)の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.11≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2018.01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プロ野球オールスターゲームの観戦を終え、みんなそれぞれに好きなことをした。

僕と吉田先輩は「ジュースでも買いに行こうか」ということで、

自転車に乗って竹野の中心街「東町」に向かった。

中心街と言っても、夜9時を過ぎたこの時間には一軒も店は開いていない。

煌々と輝くのは自動販売機とまばらな街灯のみ。

僕は先日、自動販売機のひとつに、「白バラ スポリカ」というものをみつけていた。

それでそこに行き、迷わずそれを購入した。

いかにもポカリスエット風のデザインに、スポーツドリンクを主張するネーミング。

この地方色になんとも心魅かれたのだ。



一夜明け、天文気象部竹野合宿もついに3日目、1987年7月27日。

朝食を済ませ、吉田先輩と海を見に行ってみた。

テトラポットが黒い。「ん?」と思って近寄ってみると一気に白くなった。

恐怖の「フナムシ コーティング」だったのだ。



さて、「天体観測」に関して言えばちょっと物足りない内容。

しかし、鉄分摂取と海水浴についてはかなり満足の合宿だった。

そして、これから帰りの道中、最後の鉄分をどう楽しめるか・・・・。楽しみ。


「女将さん、どうもお世話になりました!」

そう言って、先に自転車部隊3人が民宿を後にして快調に飛ばした。

それを追う様にして、その他一行がワゴン車に乗って竹野駅へ。

あれ?よく考えてみると、来た時より一人増えたはずだから定員オーバーじゃ?

はたしてどうやって乗ったのか・・・。定員が・・。つくづく見なくてよかったと思った。



さてこの夏、僕が始めて経験したことがシーフードヌードル以外にもう一つある。

それは青春18きっぷ だ。

1987年版青春18きっぷポスター



京都駅でも城崎駅でもポスターが貼られていて、

「帰りはこれを使ってみたいな。そうしたら安上がりやしなぁ」 と思っていた。

それで竹野駅で「青春18きっぷ一組ください」と言ったのだが、

残念ながら「ここにはないので、買えるのは城崎駅ですね」との返事。

仕方なく、城崎駅まで行ってから買うことにした。


[PR] オリジナル・ステッカー製作・通販はJ-TRIM山口で

鉄道の旅行と駅の写真館

PR
この日は夕方まで雲ひとつない快晴の中で泳ぎ、みんな真っ赤っかに灼けた。


さて、夕方になり僕の思いは再び昨夜の夢の続きを!と膨らんでいた。

しかし、それを阻む存在が突然現れた。それは・・・・雲。

「さっきまでの快晴はなんやったんや!」



僕たちも悪かった。夕飯を食べてすぐに出掛ければよかったものを、

テレビで中継していたプロ野球オールスターゲームに夢中になった輩が多く、

そんなこんなでモタモタしているうちに空が曇り始めてしまったのだ。


とりあえずちょっと出掛けてはみたものの、

「こりゃあ、あかんで」と、全員一致であきらめの声。

僕一人で夜に線路まで遊びに行くことなど許されず、しぶしぶ民宿に戻った。

あぁ、今日は14系の出雲2号を見ようと思っていたのに・・・・



こうなると、さっきまで見ていたオールスター観戦を再開。

すると、僕の好きな選手が出てきた。中日の宇野さん。打った~。

これは大きい!・・・・・・・・「プッツン」・・・・・・・。

コイン式のテレビの、100円が切れたのだ。

「だれか100円、100円。」

再びテレビが点いたときには宇野さんは
セカンドベース上に。

「あぁ~、あの興奮と感動を返せ~」とやり場のない感情が渦巻いていた。


こうして、天文気象部合宿2日目が終わった。

星を見られなかった以上に鉄分をとり損ねたことを残念に思う1日だった。


[広告] 蛍光テープ・反射シートのご用命はJ-TRIM山口へ
踏み切り近くの天体観測で、ブルートレイン出雲に酔いしれた夜から一夜明け

珍しく早朝6時前に僕一人が目ざめて起きだした。

天文気象部は「天体観測」をするだけが部活の合宿でなく、

天気図を書いて天気予報をするのも大切な予定の一つなのだ。


短波ラジオからの気象通報を聞いて天気図を書くぞ!と、

息巻いて
スイッチを入れてみたが雑音だらけ。

残念ながらあきらめて、もう一寝入りすることにした。


そして次に目ざめた時にはなんとみんなが起きていて笑われた。

みんなは朝ごはんの匂いにつられたのか・・・・


そうして朝食を終えて、みんなのメイン
イベント、海水浴の時間がやってきた。

この日はかなりの陽気で暑かった。


ギラギラ照りつける太陽の下、遠浅の砂浜で思う存分に泳ぎを楽しんだり、

鬼ごっこをしたり。すっかり童心に帰った僕たちだった。


さて、僕たちの民宿の食事は朝・夕2食準備してくれていたが昼食はなし。

それで浜辺に出ていた露店で適当に
食べることになった。


ここで僕は、人生の中で歴史的な第一歩を踏み出した。

ふと思えば、昨年の伊勢志摩合宿の時にはUFOやきそばを初めて食べた。

そしてこの年、僕は「シーフード
ヌードル」デビューした。

「何これ、めっちゃええ味のスープやんかぁ」

そう言って、僕はこの時からしばらくシーフードヌードルにはまった。


この日は夕方まですごい快晴の中で泳ぎ、みんな真っ赤っかに灼けた。

帰りの道中の苦痛など予想もせずに・・・・


[広告] 蛍光テープ・反射シートのご用命はJ-TRIM山口へ
天文気象部竹野合宿の第一夜、こんなに早く興奮がピークに。

それは、いきなり山陰本線の最大のスター選手が現れたからだ。

もちろん何かの列車が来ると期待してはいたが、とにかくビックリした。


谷川君も 「うおぉ~、一発目から出雲が来るんかいな!」とか、

「24系やから、4号やな。」と、冷静と情熱の間の反応だった。


そう、谷川君の言うとおり、24系25形車両は以前より見分けやすくなっていた。

この頃には徐々に銀色の帯が金色に変更されたものが走り始めており、

出雲4号もすでにそうなっていたのだ。

だから、白帯の14系車両を使用した2号とは、一目で違いを見分けられるのだ。

ブルートレイン出雲4号東京行き金帯

比較的ゆったりと走っていたとはいえ、あっという間に駆け抜けてしまった。

天体観測に来て、「蒼い流れ星」に魅了されてしまった僕たちだった。

みんなが言ったとおり、違うものを観測しに来たと認めざるを得ない感じだ。


さて、ブルートレイン出雲特有の、赤いテールマークと赤い尾灯、

合わせて3つの赤い光が闇の中に消えた。


その時、突然部員の一人、川窪君が言った。

「ここ、ホタルがおるで!」

「ほんまや、ほんまや!」 そう言ってみんな集まった。

天体観測第一日目の夜は「ホタルと流れ星」で幕を閉じた。



[広告] UVカット・窓コーティングフィルムのご相談はJ-TRIM山口へ
踏み切りに近い空き地を天体観測場所として即決した僕だが、

「ほんまに観測したかったんは星とちゃうやろ!」とみんなに言われながら、

「何言うてんねん、いちおう部長やぞ」と、否定していた。


実を言うと、天体観測の時間に鉄分を味わうなんて考えてもいなかったから、

山陰本線の夜の列車ダイヤなどはほとんど頭になかったくらいだ。

だから、まず星を見るのが目的で、列車は何が来るかお楽しみ!

というくらいに思っていた。



やがて観測用の機材を整え、星を見るためにここに再び来た。

白鳥座、こと座、わし座、夏の大三角。

しっかり天体観測を行ない、写真も順調に撮っていった。

S西先生はさすがに撮りなれているようだ。(後日見せてもらった天の川は最高!)


続いて、いるか座、やぎ座、ペルセウス座・・・・・。そして赤い光!


踏切が鳴り始めた。思わず天体望遠鏡から手と目が離れた。

「おぉ~、何が来るんやろ。」 と、谷川君が言う。

《ピーッ》

「あの音はDD51やろ・・・・・・来たっ!」



いきなりの真打登場の瞬間だった。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]