忍者ブログ
HOME > > [PR] > 高校2年鉄道旅行(合宿その他) > 急行丹後の旅 亀岡駅~園部駅 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

亀岡まで来ると、保津川の景色からは離れ、いわゆる農村と地方都市。

徐々に京都近郊のベッドタウンとして発展しつつあるとはいえ、まだまだ田舎だ。


列車が八木駅に到着すると車内放送がなり、ディーゼルエンジンの音が止んだ。

「上り、特急列車待ちのためしばらくお待ち下さい」

この路線で日中走る特急列車というと、列車名は1種類のみ。

やってきたのは、朝早く米子駅を出た、あさしお4号だ。

力強いキハ181系のエンジン音を響かせ、隣りの線路をすれ違っていった。


ヘッドマークを一新したディーゼル特急あさしお

いつの間にやら、絵入りデザインのヘッドマークに変更されていた。

おそらく、まつかぜ号やはまかぜ号と同じ時期に変更されたのだろう。

「なかなかかっこええやん。」




急行丹後は、八木駅で特急あさしお4号がすれ違うのを待ち出発し、さらに北上。



八木駅から園部駅へと続く線路は国道9号線と平行している。

その間の吉富駅では国道を見下ろす形になる。

ふと思い出したが、高一の時に「
宿泊訓練&オリエンテーリング」で

丹波自然公園に行った帰り、急行白兎とすれ違ったが、ここじゃないだろうか。

園部から京都に向かう道中の、まっすぐな線路とまっすぐな国道。

ほぼ間違いなく、あの時の景色だ!。


やがて園部についた。

ここは
京都からの普通列車の多くが折り返す駅。

後にアーバンネットワークの一翼を担う路線の端に位置する。

そして、この路線の電化工事もこの駅までがまず行われ1990年開業した。

確かに、京都のベッドタウンとしての位置づけはこの園部ぐらいが限界だろう。


さて当時に戻るが、タラコ色の気動車が出番を待つ風景が街になじんでいた。

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
初めましてかな?
こちらのブログでは、初コメだったような?
違かったら、すいません。

絵入りデザインのヘッドマークは、昭和53年あたりのダイヤ改正で、全特急に導入されました。

このダイヤ改正で、列車番号が下りが奇数で、上りが偶数に統一され、特急・急行の号数も同じく統一されました。

その影響で、狩人の「あずさ2号」の歌詞にある、新宿駅8:00発が無くなったのは、当時大変話題になりました。
研究★室長 URL 2009/06/22(Mon)11:41:47 編集
無題
コメントありがとうございます。
姉妹ブログと同様、こちらでもよろしくお願いします。 

あ、絵入りヘッドマークのことですが、関西だけかもしれないんですが、ディーゼル特急は導入が数年遅かったです。僕の鉄道写真撮影は昭和55年から始まったのですが、その頃は文字マークでしたから。
おかげで、両方の時代を見られて幸せだったと思います。
smilykaz 2009/06/22(Mon)16:52:20 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [193]  [194
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]