忍者ブログ
HOME > > [PR] > 高校2年鉄道旅行(合宿その他) > 天文気象部合宿旅行 最終章 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.09≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

山陰本線で京都府を縦断してきたキハ47の普通列車は

梅小路を過ぎ、東海道本線の線路群に吸収されるようにして京都駅に向かった。

そしてそのまま左端の方へポイントを渡り渡り進んでいった。

1番線の延長部分、山陰線ホームが視界にとらえられたこの時、

ついにこの合宿旅行も終わりを迎えようとしている。


僕たちはボチボチ列車を降りる準備を始めた。

乗降デッキにくくりつけておいた輪行袋を手早くほどき、

肩紐をかけようとしたその時、「痛っ!・・・」 絶叫の瞬間だった。


昨日の海水浴による日焼けの肌に食い込む肩紐に、言葉にできない激痛だった。

少しでも痛みを和らげるため、紐を握った右手が肩の所に来るようにし、

部品を包んでいたプチプチシートを肩に当て、痛みをこらえて自転車を運んだ。


そして左手にはその他の荷物。

これまでの人生で、最も痛い思いをした日焼けであった。


山陰本線ホームは京都駅の1番線の西側部分、跨線橋まで行くのも遠いが、

そこから上り、跨線橋を奈良線の8番ホーム(逆の端)まで歩くのが遠く感じたこと。

数多くの鉄道旅行者の波にのまれ、立ち止まることもできず歩き続けた。

そして階段を下る時の、肩への食い込みが・・・。


その様子を見ながらS西先生がポツリと言った。

「やっぱり山の方が良かったんとちゃう?」

・・・・この痛みのさなかでは返す言葉もなかったが、

早くも来年の「山VS海」攻防が起こることが容易に想像でき、

翌年のための対策をその場で考え始めてしまった。


奈良線のホームにはすでに列車が停まっていた。

ちょっと昔のようなキハ35系ではなく、105系電車だ。

味わい深さでは気動車にかなわないが、ローカル鉄道。


わずか一駅だが、この路線を利用することによって、いつも切符をGETできる。

今回も初めての青春18きっぷを手放さずにすんだ。



よく見るとお分かりいただけると思うが、JR模様ではなく国鉄模様なのだ。


さて、こうして東福寺駅で京阪電車に乗り換えたが、

その地下通路を下る時、そして上る時も・・・。痛い。

鈍行のまま、急行に乗り換えることもなく樟葉駅へ。

とにかく荷物を持ちたくなかったからだ。

帰りは自由解散のため、牧野駅まで乗る部員もいたため車内で別れを告げ、

僕らは樟葉駅で降りた。

そして、最後の痛みに耐えながら階段を降りた。




PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]