忍者ブログ
HOME > > [PR] > 東京ほか鉄道旅行記(中1) > 1983年8月8日。出発直前の京都駅。 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CCF20081110_00004.jpg

21時を回った京都駅。

まだまだ会社帰りの人たちの往来が激しい。

そんな中、大きな荷物を持つ人たちで賑わう、

かなり異様な雰囲気のホームがあった。



山陰本線ホームだ。

そこに、出発を待つ鈍行の夜行列車「山陰」が留まっていたのだ


旧型客車で構成された編成は文字通りの「汽車旅」の雰囲気。

サボにもきちんと「山陰」と「san-in」の文字が入っている。

「こんな列車の旅もいいかも・・・」そうつぶやいてそこを後にした。



そして出雲2号が来る1番ホームに僕たち3人は向かった。

時刻はすでに22時目前だ。

大阪行き最終の雷鳥22号が出た後は会社帰りの人も減り、

ぽつぽつと普通・快速が来ては去るのを見送っていた。



しかし、ふと1番線ホームの端に目をやると闇の中に、

出雲のヘッドマークをつけたEF65PFがひっそりと留まって、

出番を待っているのが見えた。



興奮のためすっかり忘れていたが、

特急出雲は当時非
電化だった山陰本線からやってくるため

ここ京都駅でDD51型
ディーゼル機関車が役目を終え、

このEF65PF電気機関車にバトンを渡し、交代するのだ。

つまり、切り離しと連結の作業をしっかり見ることができるのだ。



そう思った瞬間、僕たちのその後のプランが非常に多忙なものに

なってしまった。

  機関車交換作業を見ること、

  荷物をかかえたまま自分の乗る車両まで走り、

  自分たちの座席を探すこと。

これらを比較的短時間で行わないといけない。



そんな事を思い巡らすうちに時間が近づいてきた。

遠くに二つの光が見える。だんだんゆっくり近づいてくる。

車体をくねらせながら右寄り右寄りに線路の
ポイントを渡ってくる。

間違いなく出雲2号だ。

DD51の甲高い汽笛が響き、1番線に滑り込んだ。
CCF20081105_00001_edited.jpg

僕らは目を凝らして機関車交換の様子をみつめた。

夢中になっていると、予想より早く発車の案内放送が鳴り出した。



僕らはすっかり焦り、とりあえず近いドアから乗り込むことにした。

さあ、僕たちの寝台を探そう!



列車はゆっくりと走り出した。





PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]