忍者ブログ
HOME > > [PR] > 学生最後の鉄道旅行~北海道 > 壮大な時間つぶし 第4部 ザ・サウナ RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.04≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7:03。オホーツク1号の扉は閉まり、札幌駅を出発した列車は北上を始めた。

とは言っても、僕にとっては先ほど通ったばかりの路線、苗穂、白石を

再度通ってから千歳方面と分岐し、函館本線を岩見沢方面に向かう。


列車内はまさしくサウナ状態。

エアコンが効かないのか、デッキだからなのか、汗だくになって輪行袋を守った。

岩見沢までは約30分。

僕の普段のサウナ入浴時間は平均10分だが、それよりきつかった。

その30分をなんとか耐え抜き、ドアが開いたときの涼しさ!

なんだか水風呂に入ったときのような爽やかさだった。


もうろうとした頭が冷めてくると、ようやく景色にも目がとまった。

ホームの向こうに見えるのは機関庫か何かだろうか。

そんな光景を見ながら束の間の休息を味わったのが1分間。

しかし、かすかな期待の「降車人数」は全くなし! 当然と言えば当然。

列車は再び走り出した。次の駅は滝川。またも約30分。


この旅行とも体力トレーニングともつかない時間をまた乗り越え、

汗だくの体に沁みる、爽やかなそよかぜを滝川駅到着と同時に感じた。

但し降りた人は、この車両にはいなかった。


その後も深川停車で同じ経験をし、旭川までやってきた。

ここではたくさんの人が降りたのだが、自分が降りるのもここ、旭川駅だ。

僕はここで特急オホーツク1号を見送り、富良野線乗り場へ。


オホーツク1号が到着したのは一番左の1番線。

そこから4番線まではごく普通にならんだホームである。

しかし、富良野線乗り場の5番線までは長い通路で100m以上離れ、

そこまで延々と歩いていかなければならない。

北海道に到着した初日は汗だくのまま進んでいきそうな、そんな予感。


ほんとにここは北海道なのかぁ?

汗だくで階段を昇ってたどり着いた富良野線ホームには2両編成の気動車。

のどかな風景のイメージにピッタリの列車だ。

(現在はこの車両もなくなり、旭川駅も新装開業したそうだ)




PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]