忍者ブログ
HOME > > [PR] > 号外・ニュース > SLやまぐち号復活運転30周年記念号 第三部 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.08≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新山口駅の改札に一番近い1番線にSLやまぐち復活運転30周年記念号はいた。
そのセレモニーが盛大に行なわれる中、僕は12系客車を含む全体像をとらえたいと思ってちょっと急ぎ足でお隣の2番線ホームに渡った。同じことを考えた人はたくさんいたようで、1番線から2番線に渡る人の波が出来ていた。

しかし、そうこうして移動しているうちにヘッドマークの取り付け式はあっけなく完了してしまった。と言うわけで、取り付け完了した姿をいろいろな角度から見ていただきたいと思う。


ここの鉄道ファンたちはおおむねマナーがよく、写真を撮ったら次の人に譲ってくれたりした。お陰でなんとかそこそこの記録写真が撮れて良かった。旅行者たちもノビノビとした雰囲気で出発までの時間を楽しんでいるように見えた。



特製ヘッドマークを戴き、ちょっと誇らしげなC57の姿と、後ろに続く12系客車のコラボレーション。またふたたび見られる日が来るのだろうか。もちろんこのヘッドマークが付くことはもうないだろうが。



じっくり眺めると、ひとつひとつがいとおしく見えてくるから不思議だ。例えば、おそらく今では珍しいんじゃないかと思う「板バネ」。こういう部品を使っていたのかぁとやけに興味がそそられる。



石炭は溢れんばかりのてんこ盛りに積み込まれている。こんなに大量に炉の中に入れる作業をすると想像しただけでも、ものすごい過酷な労働だと思う。機関士さんたち、本当にありがとうございます。



5両という、比較的短い編成だったので全体を十分収めることが出来た。スハフ12の後端部にはテールマークなどは取り付けられていない。これでこそ復活時の姿だし、これこそ12系車両の「慣れ親しんだ姿」だと感じるのは僕だけだろうか。



スハフ12の後端はちょうど跨線橋の下にあり、跨線橋の上からは90%写真になった感じだが、それなりに満足できた。


車両内部とその他の様子は第4部で。


[PR] ヘッドマーク型 表札を作りませんか?
PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
「SLやまぐち号復活30周年記念号」撮影お疲れ様でした。デビュー当時の12系は懐かしさを感じますね(おじさん限定ですが)。重連運転には訪れたいと思っていますが、去年の激パは、きつかったので体調を整えてから考えます。
shinji0826 URL 2009/08/05(Wed)00:50:12 編集
>shinji0826さん
shinji0826さん、ありがとうございます。
12系に懐かしさを感じる・・・shinji0826さんも私と同じおじさん世代ですか(笑)。うちの妻は「ブルートレイン好きやねぇ」と言ってました。たしかに似てはいるけど・・・
重連運転、いい写真が撮れるといいですね。体、無理なさらずチャレンジしてみてくださいね。
smilykaz URL 2009/08/05(Wed)14:37:56 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]