忍者ブログ
HOME > 写真撮影会(中1の昔)の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.04≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東京駅にてブルートレインの宴を満喫して余韻をあじわう暇もなく、

急いでやってきた上野駅。

旅路をここで終える数々の列車を待ち受けるのだ。



真っ先に向かったのは、秋田から来るL特急つばさ。

東北新幹線開業とともに上野~福島間がほとんど削減され、

一日一往復だけが残されていたため、写真を撮るチャンスは少ない。

だが、この日は列車の到着が遅れているというアナウンス。



それで僕達は、朝撮り損ねたL特急ひたち のホームに向かった。

上野に行って特急ひたちを撮れなかったなんて恥ずかしくて言えん!

そう言いながら、写真を撮っていった。



再び、つばさが来ていないかどうか確認しようと行ったがまだ。

そんな中、来たのが見えた特急鳥海の所へ行って写真を撮った。

夕闇が襲ってくる中、なんとか写真に写ってくれた。

鳥海のヘッドマークは新しく作られ、なかなか綺麗なデザイン。

暗くなりかけたホームで綺麗に輝いていた。



さて、かなり遅れて特急つばさ が到着した。

ゆっくりとホームに到着し、旅の疲れを癒すかのような重い足取り。

そんなつばさの写真を撮ろうとカメラを向けると、

強烈にショックな出来事が・・・・・・

ヘッドマークが回り始め、「試運転」だの「臨時」だの「特急」だの・・・

そのまま「回送」となって落ち着いてしまったのだ。

つばさのヘッドマークは遠目に見ただけで終わってしまった。


そんなショックはあったが、最後にブルートレインで一日の締めくくり。

寝台特急、出羽と北陸のツーショットを見ることが出来た。

 出羽出発後の北陸。

激しくも楽しい一日がこうして終わった。

山手線で渋谷駅へ、そして東急田園都市線でたまプラーザに。

着いたらもう真っ暗。東急SCが夕闇に浮き上がっているようだった。
PR
やはり鉄道旅行といえば夜行列車が最も郷愁を誘う・・・・。

個人的感情から入ってしまったが、そう思うのは僕だけではない。

(確信がこもっている・・・)



さて、ノスタルジーに浸りながらあの日を振り返りたい。

そう、1983年8月のあの日。寝台特急みずほを見送って30分経過。

再び鉄道ファンがカメラを手にしてこのホームに集まり始めた。

ひとときの静寂がうそのように消えてなくなり、

18:00発の寝台特急富士お目当てのファンが溢れんばかりになった。



24系25型ブルートレインの銀帯車両。

夕日がすこしずつ落ちかけて夕闇せまる10番線ホームで、

新幹線ホームの輝きに負けじと輝いている。

まだ、EF65PF機に丸いヘッドマークの富士。

18:00。定刻通り宮崎への17時間に渡る旅路が始まる。

続いて来るのは特急出雲1号と特急あさかぜ1号だ。

立て続けに忙しく作業が行われ、山陰本線の浜田と九州の博多へ。



そして、最もワクワクしたのは20系が充てられていた臨時特急、

あさかぜ51号だ。いわば元祖ブルートレインを特急として見たのだ。



さて、僕たちのターゲットはここ東京駅だけでなく、

もう一箇所にもあった。

そう、上野駅だ。僕たちの夜はまだ終わらない。

この日の写真のプリントが間に合わなかったので後日掲載します。いつになるやら・・・。
ブルートレインの宴、一番手の特急さくらが東京駅10番線ホームで

長崎・佐世保への旅の準備を着々と進めている中、

お隣の9番線ホームも騒がしくなってきた。

それは西鹿児島行き寝台特急はやぶさ の到着だ。






いまでこそこの特急はやぶさも風前の灯となってしまったが、

この当時はまさに最盛期だった。

少し前までは同じ寝台特急富士が日豊本線経由西鹿児島行きで、

最長距離ランナーだったが、富士の宮崎短縮により、

この、はやぶさが最長距離ランナーとなっていたからだ。



だから考えてみると、今コンビを組んでいる「富士はやぶさ」は

過去にはライバルだったとも言えるかもしれない。



さてその後、16:30。 10番線ホームから旅立つ特急さくら を見送り、

入れ替わるように寝台特急みずほが10番線にやってくるのを迎えた。

そしてまもなく9番線の発車のベルがなり響いた。

特急みずほの機関車EF65PFの機回しが行なわれている中、

特急はやぶさが動き始めた。西鹿児島までの長い旅の始まりだ。

それが16:45分。



そして幾分静けさを取り戻した中、片側ホームだけでの動きとなる。

やがて、寝台特急みずほ の旅の準備も整った。

17:00。さくら と同じ10番線ホームからゆっくりと動き出した。

熊本・長崎への旅だ。



ここまで、15分間隔の出発。慌しいはずだ。

その後、一旦静寂を取り戻した東京駅。

しかし再び、いやもっと激しい時間帯がやってくる。
ぼくたちがやってきたのは池袋にそびえたつサンシャイン60

当時、ビルとしては日本一。60階建て240メートルは確かに高かった。

そして、60階まで一気に昇る三菱製
エレベーターは上まで35秒で

着いてしまうほどの凄まじい速さで、もちろん途中には止まらない。

ぼくたちは3人とも耳がつーんとなってしまった。



でも上から見下ろすとすごかった。

あっちにもこっちにも鉄道模型が走っているように見える。

街全体がミニチュアのようだった。

もっとも、まだ新宿が「副都心」なんて言われていた“ちょっと昔”。

今見る東京の景色とは少し違っていると思う。



そうして時間を過ごし、適度に(人並みではないが)
東京見物をして、

ふたたび列車の「追っかけ」に戻った。時刻は3時30分過ぎ。



まずは東京駅のブルートレインの準備作業に向かわなければ!

(立ち会っても僕らは何の役にも立たないが、

自分たちが行かないと始まらないような気分。)



ぼくたちが着くと早速、
品川方面からやってくる寝台特急さくらの姿。

列車が停車した後、牽引したEF65PF機の切り離し、神田方面へ。



そして反対側への付け替え作業だ。

赤い旗を手にした作業員が機関車にしがみつきながら

隣りの線路を品川方面へ移動する。その様子が非常に楽しい。


そして、これから向かう旅路への先頭に立つ。

14両の大編成で、九州への旅。

肥前山口から長崎、佐世保へと2手に分かれての旅となる。

思えば本当に長い旅路だ。思いを馳せただけで楽しい。



準備が進む中、隣りのホームには次に出発の

西鹿児島行き寝台特急はやぶさ が近づいてきた。

今見たばかりの光景がこの後次々と繰り返され、

たくさんの旅を支える、支度が続く。

          東京駅・ブルートレインの宴 ちょっと昔の鉄道風景その2

                                               ちょっと昔の鉄道風景

上野駅から急いで駆けつけた東京駅。

まだお目当ての列車の到着はまだだった。が、

間髪いれずに、構内放送が流れた。

「臨時特急 踊り子51号伊豆急下田行きがまいります」

  

まだ写真で見たことさえなかったのだが、

183系電車でも185系電車でもなく、客車で運転されることを

うわさで聞いていたので本当に楽しみにしていたのだった。



そして見てみると牽引しているのはあのEF58だ!

大喜びしながら写真を撮影した。

14系客車の編成自体は特にめずらしくはないものだったが、

丸いヘッドマークをつけたEF58の姿はまぶしく輝いていた

[1]  [2]  [3]  [4
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]