忍者ブログ
HOME > > [PR] > 中3時代の生活と鉄分 > 鉄道がちょっと見え隠れする修学旅行 信州・白馬 その1 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.06≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中三時代。僕にとって、もっとも鉄道旅行に飢えていた頃だ。

旅行基金がちょっとずつたまり、どこかに行こうと思えば行けなくもないが、

まだまだ十分と言うわけではなく、おまけに受験をひかえているときた。

そんな中、唯一の旅行であり誰も文句を言いようがないのが修学旅行だ。

とはいえ、これはバス旅行であり、鉄道旅行ではない。

強いて言えば“鉄道見え隠れ旅行”だ。



1985年6月某日。修学旅行初日。

僕たち枚方第三中学3年生は
信州・白馬を目指してバスで出発した。



僕は 「いつも心に鉄道を」 の精神で出発。

普通、誰も持たないような大型
時刻表をかばんに忍ばせ、バス旅行を楽しんだ。



言うまでもなく途中までは鉄道のかけらもなく、景色も見えない高速道路の旅。

名神高速から北陸自動車道に入り、どんどん北上し、滋賀県、福井県を通過、

そして石川県小松市にある「安宅の関」という史跡で昼食の休憩をとった。 

ここはその昔、源義経が・・・・(何したんだろう?)とにかく逸話の残る場所だ。



休息の後再出発したが、まだしばらくはまったく鉄道の気配もない。

バスは途中から高速をおりて下道を走り、国道8号線を北へ。

正確にはおりたというより、開通していなかった。ちょっと昔ですから。



富山県から新潟県に移るわずか手前で、僕は大いに盛り上がりを感じた。

それは、国道が北陸本線の線路と平行して走るあたりからだ。



だんだん駅が見えてきた。駅名は「越中宮崎」。

お得意の流し撮りで駅名版を
写真に収めた

そこからしばらくはおおむね線路に沿って走る。


親不知、子不知、青海の
海岸沿いは、ちょっと恐れを感じる海岸線。

みんな左側の海を見ていた。僕はもちろん右の線路を夢中で見ていた。



北陸本線の線路上を特急白山が走るのを見た後、

僕たちのバスは糸魚川市内に入った。

ここからは海にさよならし、姫川沿いを南へ。

徐々に上り勾配がきつくなる区間だ。  つづく。


PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]