忍者ブログ
HOME > > [PR] > 中3時代の生活と鉄分 > ちょっとだけ鉄道を感じた自転車旅行 その1 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.09≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中学校の卒業式を終え、クラスメートたちと共に総勢5人で思い出作り計画をした。

とはいえ、お金がかかる旅行は高校の夏までしないことに決めていたので、

最もお金をかけずにそれなりの距離を楽しめる旅行!ということで、

自転車旅行に出ることになったのだ。


あえて言うまでもないが、この旅行で鉄道を感じたのは部分的だ。

でも所々で出会った列車たちは思い出深い。


大きな地図で見る
さて、いわゆる卒業旅行。僕たちの決めたルートは大阪・枚方の実家から、

京都へ、そして琵琶湖の東側を北上して木之本、そして湖西線沿いに南下する。

そう、びわこ一週自転車旅行だ。


1986年3月27日21:50。お天気に少し不安。

それでも、この日を逃すと別の日ではみんなの予定が合わないことから決行。

まずは京阪電車樟葉駅を右手に見ながら府道13号線を走る。

この位置から夜に樟葉駅を眺めたことはあまりなかったことに気付く。

左に見える淀川越しに16両編成の0系新幹線が走っているのが見えた。

当時は0系と100系だけだったので、2階建て車両のあるなしで夜も見分けられた。


八幡市駅に近い所から左折し、木津川、宇治川を渡る連続橋「御幸橋」を渡る。

そこから少し川上、よく見える位置に京阪電車の鉄橋が掛かっている。

自転車でこの「御幸橋」を渡った頃、つまり家から約20分ほどの所で、

心配していた雨がポツポツと降り始めた。「いきなりかぁ」。


渡ってすぐ右手に京阪淀車庫がある。

僕達の自転車は京阪電車と平行する道路を、淀駅に近い納所、横大路と進み、

国道1号線を横切って京都外環道に入る。

この辺りからは京阪本線から離れ、京阪宇治線に接する。

観月橋駅の横を走りぬけ、六地蔵駅の看板の灯りが見えた後、

北寄りに方向が変わる。しばらくして山科の地名が現れる。


新幹線のガードをくぐると再び国道1号線に出た。

国道を東にすすむ。京都東インターの入口を避けて逢坂山の坂道を登っていく。

京阪京津線の80形が回送されていくのが見えた。

しかし、そこでなんと第1回目のアクシデント!

メンバーの一人、敏之の自転車がパンクしてしまったのだ。


降りしきる雨の中、5人は足を止めてパンク修理に徹した。

ちょうど交番の入口の明かりがある所での修理となった。

ちなみに、蛍光灯の明かりではなく、赤い玄関灯だ。はっきり言って暗い。

傘もない中、黒い大きなビニール袋でみんなが屋根を作り、何とか修理を終えた。


再び走り出し、逢坂山を超えて下ると、ついにびわ湖に出た。

僕達はびわ湖の東を北上して西に回って帰るので、まず栗東草津を目指す。


ここから長い間、鉄道との接触がない。

そんなストレスからか(?)僕の自転車がパンクしてしまった。

僕のタイヤはチューブラータイヤで簡単に交換できるのだが、

雨で手がすべるため、なかなかリムにはまらなかった。

何とかやり終えて走り出そうとしたが、みんなコンディションとテンションが降下。


それで雨でみんな靴がずぶ濡れの中、コンビニに入った。(迷惑・・・)

そこでレジ袋を多めにもらい、みんな靴下を脱いでかわりにレジ袋を履いて、

靴を履いて出発した。HOT SPARさんありがとう!


黙々と走り続けた後、ようやく米原駅に着いた。

             ちょっとだけ鉄道を感じた自転車旅行 その2 はこちら
PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
山根亜希子 FXセミナーDVDとウィークリーレポート
infojapanで月額アフィリ報酬250万円を実現した秘術 初心者から上級者まで幅広い方々に支持されてきた 超人気女性FX投資家「山根亜希子先生」による、 セミナーDVDとウィークリーレポートが遂に公開です。   全国各地を飛び回り、山根亜希子先生が 開催すし..
URL 2009/02/12(Thu)14:56:15
夜行急行だいせん5号の旅 続編
深夜の、国鉄 福知山駅。 大阪駅や京都駅で鉄道写真を撮り回っていた僕に、 この福知山という地名はとっても馴染み深いものだ。 「いつか行く場所に違いない」そんな気さえしていた。 そしてついにその日が来た。 この長時間停車の間を利用して福知山駅前に 出てみ..
URL 2009/02/12(Thu)16:47:22
[120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]