忍者ブログ
HOME > > [PR] > 中2の昔 鉄道愛好記 > 鉄道(おっかけ)旅行 自転車の登場! RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.06≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

受験がある中学3年になろうかという頃、僕はもうひとつの趣味に目覚めた。

それは自転車だ。            
 

自転車と鉄道の趣味の融合がここから始まったのだが、

輪行を始めたのはもう少し後、高校生になってからのことだった。       
                        *輪行=(自転車を載せた鉄道旅行)
                                                                             自転車趣味サイトへもどうぞ。



なかなか鉄道旅行に行けずウズウズしていた中、そのエネルギーを発散するため

結構本格的なロードレーサーを購入し、あちらこちらに行くようになっていたのだ。

あちらこちらとは・・・・



まずひとつのターゲットとなったのが身近なローカル線の国鉄片町線。

今でこそ通称学研都市線と呼ばれる様になり、阪神地方直通の電車が充てられ、

学生客で常に賑わう様な路線に生まれ変わったが、当時は全然違った。



まず、今のように東西線が開業しておらず、京橋の次が片町駅。終端駅だった。

京橋でほとんどの乗客が環状線や京阪電車に乗換。

片町駅にはガラガラの電車が到着して大阪城を散歩する人だけ・・・というように、

都会の中のエアポケットのような場所。片町駅。



そんな駅からやってくる電車は一本残らず枚方市にある長尾駅で引き返してゆく。

木津・奈良方面への直通は全くない、分断された路線だったのだ。

それも当然だ。長尾駅から先は非電化なのだから。



それで、実を言うと枚方市に住んでいながら僕の意識では忘れた存在だった、

この片町線の非電化区間を自転車で辿る事にした。



まずは長尾駅。

ここは電化区間の終点だけあって乗客がそこそこ。

といってもここから周辺の住宅地へは坂だらけ。

京阪バスが各方面に向かう。


京都府に入り、松井山手・・・駅はまだない。

松井ケ丘住宅地の造成はまだまだずっと後のことだ。


それで長尾駅の次は大住駅。無人駅で小屋のような駅だ。(今は建替え済み)


そこから進んで一休さんのお寺の横を通り少し行った所に田辺駅

並行して通る近鉄新田辺駅の賑わいとは対照的に静まり返り、

長年の時を刻んできた古い木造駅舎にゆっくりと時間が流れる。

残念ながら、こちらも今は近代型駅舎になっている。



さらに少し行ったところにあるはずの上田辺駅。

気付かず通り過ぎてしまった。

今はJR三山木として、大きな駅に建て替えられたそうだ。



そこから県道をずっと南下すると、道路沿いに駅が見えた。

と言ってもプラットホームだけの駅。下狛駅



そして、さらにしばらく南下していくと祝園駅(ほうその)に到着した。

古い木造駅だが、とても味わい深い駅舎だ。

ちょうど僕と同時ぐらいに列車が到着するところだった。



キハ40を先頭に、キハ35との2両編成だ。

木津駅を目指すこの短い列車に僕は見とれていた。




祝園駅で列車を見送ってから僕は引き続き自転車で木津駅を目指すことにした。

トレーニングを兼ねてそこそこのスピードで走ると意外と早く木津駅に到着した。



片町線の起点駅木津は歴史がある駅舎と聞いたが可愛い雰囲気をもっていた。

関西本線の駅であり、国鉄奈良線とも合流する木津駅は、

片田舎でありながら、鉄道の要所ともいえる重要なポイントの駅だ。

参考までに
当時の木津駅画像


つい先程見送った車両がゆったりと休憩して、次の出番を待っているようだった。
PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]