忍者ブログ
HOME > 中2の昔 鉄道愛好記の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.09≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鉄道旅行と呼べるような旅とはなかなか無縁だった中2の時期に、

一回だけちょっとした日帰り旅行に出た日があった。

それは2月前半のある日。


            この写真は残念ながら当日のものではなく、数年後に再度行った時のもの。でも同じ切符だった。

近畿圏内ではあるが、京阪神ネットワークからははずれた場所、信楽。

何度も廃止案が取りざたされる中、利用促進の呼びかけにに町民が答え応じ、

利用者目標をクリア。ハードルが上がってもクリア。と、価値意識の高さが覗える。

そんな魅力的な(はずの)信楽線。ちょっと昔感覚のローカル線でもある。

(現在は信楽高原鉄道



僕は久し振りのミニ鉄道旅行とあって気合が入っていた。

京阪電車の始発に乗るために5時に家を出、今回は牧野駅に行った。

早朝5:16。三条行き普通。この三条行きというところが “ちょっと昔”。

(ちなみに、京阪電車が出町柳まで行く鴨東線を開業させたのは1989年。)



2月の早朝5時台はまだ真っ暗だ。

牧野駅から乗った2600系電車も闇の中をひた走り、

樟葉駅が近づいた頃ようやく明るくなった。

でも明るいのは駅だけで、くずはモール街も松坂屋も住友銀行楠葉支店も真っ暗。

(いずれもちょっと前になくなった又は名前が変わった・・)



電車はさらに、橋本、八幡市へと進んだ。まだ真っ暗な中、駅構内だけのあかり。

この駅から、男山山上に行く鋼索線(ケーブルカー)が走るのだが、

その階段ホームも闇の中。


八幡市を出るとすぐに大きく左にカーブしながら坂を上る。

木津川、宇治川を連続して渡る二つの鉄橋があるのだ。

ここは京阪電鉄カレンダーに必ず登場する撮影名所のひとつなのだが、

こう真っ暗だと景色は分からない。

ただ、先頭車両の最前部右寄りに立って鉄橋の下に目をやると結構恐い。



わたり終えると左側に淀車庫があり、まだたくさんの車両たちが眠っている。

いや失礼、準備運動中かもしれない。



淀駅に到着した。

ここは京都競馬場の目の前なので、天皇賞ほか開催日だけ異常な賑わいだ。

つまり、この日のこの列車はここに止まる必要さえない感じだった。


ここからは宇治川堤防を右に見ながら、しずかな区間を走る。

中書島までのこの区間は結構長い距離がある。



早朝に起きたからか、このあたりから少し眠気が襲ってきた。

列車は伏見桃山、丹波橋、墨染、藤森、深草、伏見稲荷と止まったはずなのだが

気付いたのは鳥羽街道。なんと乗換駅である東福寺のひとつ手前だった。

危ない危ない。


それにしてもまだ暗い。「冬の早朝ってこんなんやったんかぁ」とあらためて気付く。

東福寺で降りた後、同じ島式ホームの向かい側にくる国鉄奈良線を待った。

このつながったホーム、僕が奈良線をお気に入りにしている理由のひとつだ。

旅行帰りの切符を取り上げられない!

この仕組みからこの後も長きにわたり恩恵を受けた。


国鉄奈良線の主力車両はキハ30系族。35系などが多かった。

京都駅までのわずか一駅でもこのローカル・テイストを味わえるのは嬉しかった。

京都駅8番線(現10番線)にゆっくりと、エンジン音を緩めながら滑り込んだ。



階段を上り左に近鉄改札を見ながら跨線橋を昇ると、2番線に快速電車が来た。

グッドタイミングでちょっと昔のスタンダード、113系電車に乗り草津を目指した。


しかしふと思った。「日帰りなのに、こんな真っ暗な旅じゃおもろーない」

そう思ったころ大津駅に着いた。そして思わずホームに降り立ってしまった。

乗っていた電車は去り、冷たい風が吹き抜けていった。


しかし、そこにすごいサプライズが近付いていたのだ。

構内放送で「列車が通過します。ご注意ください」と聞こえたので目をやると、

EF58の姿が!それだけでも大喜びだったが、後ろに続く列車はなんと、

つくば博PR列車サイエンストレインでコスモ星丸デザインのテールマーク付だった。

あまりに突然の出来事に、写真は(撮ったものの)ボロボロ。

でも、偶然出かけたその日にこの列車に出会えるなんて凄いことだった。


興奮冷めやらぬまま大津駅のホームで、明るくなり始めた空を見上げた。

そしてやってきた次の列車で草津を目指した。


草津に着くと向こうの端のホームにいる草津線車両が見えた。

何の変哲もない113系だが、最前部の表示幕が赤地に白文字で「草津線」とある。

僕はそちらを目指して跨線橋を渡った。

明るくなってきたとはいえ、HEIWADOとはとのマーク以外はあまり目に付かない。


以前この線に乗ったときと同様、あたりには雪がちらほら積もっている。

それでもこの日は比較的暖かく、降ることはなかった。

草津線のホームは草津・京都方面は人でいっぱい。

対照的に柘植・貴生川方面は誰もいないというほど空いていた。

僕はその貸し切り状態の列車で貴生川までの旅を楽しんだ。


貴生川駅。

ここは草津線を中心に、左に近江鉄道線、右に信楽線が発着している。

ちょうど両方に列車が留まっていた。

近江鉄道は西武鉄道系列だからか、西武線の電車のような薄黄色。

そして、僕が目指す信楽線はキハ28が担当している。


先程までいた場所より少し寒いのか、湯気が立ち上り、僕の息も白くなっている。

エンジン音を響かせ、2両の列車が走り出した。線路は大きく右にカーブ。

平行する国道307号線と近づいたり離れたりを繰り返しながら山間路を進む。

なんとも険しいところをずっとずっとずーっと走っていく。

10分後、ようやく山から里の雰囲気に変わってきた。しかし、駅はまだない。

今は紫香楽宮跡駅ができているが、当時はまだ駅がなかった。

それで最初の駅は貴生川から10キロ以上離れた雲井。時間にして15分。


このあたりからは開けた田園風景が広がったり時折小高い山があったり。

そして、うってかわってほんの2キロほどのところに勅旨駅(ちょくし)。


周辺には信楽焼のお店がちらほら見えたりする。

そして、また3分ほどで終点の信楽駅が近付いてきた。

街の中心地だけあって、いくらか開けてはいる。

言うまでもなく、終端駅。ここからは奈良方面への国鉄バスが人々の足。

僕はここまでで引き返すのだが、駅をじっくり楽しむ時間はあった。


古い木造駅舎そのままに、隣りには小屋のような売店がある。

まさに僕が見たかった田舎の駅である。

駅前ロータリーは乗客を迎えに来たマイカーとバスが一台いるだけで静か。

国道から100Mほど離れている、ちょっといい位置関係だ。


ここで少しの時を過ごした僕に、「そろそろ行くぞ!」と言わんばかりに

キハ28のタイフォンがなった。帰りの出発の時間だ。

日帰り鉄道旅行後半は眠気との戦いだった。

                       
                          ※写真記録がほとんど残っていませんお詫びいたします



PR
受験がある中学3年になろうかという頃、僕はもうひとつの趣味に目覚めた。

それは自転車だ。            
 

自転車と鉄道の趣味の融合がここから始まったのだが、

輪行を始めたのはもう少し後、高校生になってからのことだった。       
                        *輪行=(自転車を載せた鉄道旅行)
                                                                             自転車趣味サイトへもどうぞ。



なかなか鉄道旅行に行けずウズウズしていた中、そのエネルギーを発散するため

結構本格的なロードレーサーを購入し、あちらこちらに行くようになっていたのだ。

あちらこちらとは・・・・



まずひとつのターゲットとなったのが身近なローカル線の国鉄片町線。

今でこそ通称学研都市線と呼ばれる様になり、阪神地方直通の電車が充てられ、

学生客で常に賑わう様な路線に生まれ変わったが、当時は全然違った。



まず、今のように東西線が開業しておらず、京橋の次が片町駅。終端駅だった。

京橋でほとんどの乗客が環状線や京阪電車に乗換。

片町駅にはガラガラの電車が到着して大阪城を散歩する人だけ・・・というように、

都会の中のエアポケットのような場所。片町駅。



そんな駅からやってくる電車は一本残らず枚方市にある長尾駅で引き返してゆく。

木津・奈良方面への直通は全くない、分断された路線だったのだ。

それも当然だ。長尾駅から先は非電化なのだから。



それで、実を言うと枚方市に住んでいながら僕の意識では忘れた存在だった、

この片町線の非電化区間を自転車で辿る事にした。



まずは長尾駅。

ここは電化区間の終点だけあって乗客がそこそこ。

といってもここから周辺の住宅地へは坂だらけ。

京阪バスが各方面に向かう。


京都府に入り、松井山手・・・駅はまだない。

松井ケ丘住宅地の造成はまだまだずっと後のことだ。


それで長尾駅の次は大住駅。無人駅で小屋のような駅だ。(今は建替え済み)


そこから進んで一休さんのお寺の横を通り少し行った所に田辺駅

並行して通る近鉄新田辺駅の賑わいとは対照的に静まり返り、

長年の時を刻んできた古い木造駅舎にゆっくりと時間が流れる。

残念ながら、こちらも今は近代型駅舎になっている。



さらに少し行ったところにあるはずの上田辺駅。

気付かず通り過ぎてしまった。

今はJR三山木として、大きな駅に建て替えられたそうだ。



そこから県道をずっと南下すると、道路沿いに駅が見えた。

と言ってもプラットホームだけの駅。下狛駅



そして、さらにしばらく南下していくと祝園駅(ほうその)に到着した。

古い木造駅だが、とても味わい深い駅舎だ。

ちょうど僕と同時ぐらいに列車が到着するところだった。



キハ40を先頭に、キハ35との2両編成だ。

木津駅を目指すこの短い列車に僕は見とれていた。




祝園駅で列車を見送ってから僕は引き続き自転車で木津駅を目指すことにした。

トレーニングを兼ねてそこそこのスピードで走ると意外と早く木津駅に到着した。



片町線の起点駅木津は歴史がある駅舎と聞いたが可愛い雰囲気をもっていた。

関西本線の駅であり、国鉄奈良線とも合流する木津駅は、

片田舎でありながら、鉄道の要所ともいえる重要なポイントの駅だ。

参考までに
当時の木津駅画像


つい先程見送った車両がゆったりと休憩して、次の出番を待っているようだった。

鉄道ファンを公言していたとはいえ、

中1にしてなかなか派手に鉄道旅行を満喫した僕とはせやん。

しかし、我が家はけっして経済的に豊かではなく、むしろ低所得層。

そんなわけで、次の年にも旅行に・・・なんて資金が貯まるほど小遣いもなかった。

中学時代は1か月1500円。12ヶ月で最大でも18000円。

それで、旅行はあきらめてかなり頑張って貯金した。

高校に入ってからの旅行計画のために。



そんな中、ぼくの鉄道に対する欲求はささやかな撮影会と、

自転車で行く車両基地観察に向けられていった。



当時の写真でいまなお残っているものはわずかだが、

いまやかなり貴重になったものもある。

1984年夏、大阪駅と新大阪駅で写真を撮影した。

大阪駅2番線ホームで出発を待つ福知山線客車列車。

こんな風に扉が開いたまま走るスハフ42その他。凄いとしか言いようがない。

今では高速化が一気に進み、あのようなおぞましい事故まで起きてしまうほど

近代化に突き進んでいるこの路線も、ちょっと昔の25年前はこのような、

ゆったり鉄道旅行の似合う路線だったのだ。

ちなみに、お隣の3番線には旅を終えたばかりの急行きたぐに14系が

ゆったりと休息している。




さて、富士はやぶさの廃止が今話題のブルートレイン。

ちょうどこの頃、寝台特急なは の車両が583系車両から24系客車に変わった。



新大阪駅のカーブになったホームは長大編成のブルトレ撮影にピッタリだ。

九州から戻ってくる寝台特急の多くは大阪ではなく新大阪が終点なので、

ここで撮影した方がゆっくり時間をかけて撮る事ができた。

例外もあったし、日本海やつるぎ など北陸系ブルトレは大阪終点だから、

そこは臨機応変に移動して撮影した。



そしてもうひとつどうしても撮っておきたかったのはキハ82。



まだヘッドマークが絵入りのデザインマークになる前の特急まつかぜ。

夜に撮った写真は少しぼやけていたが、今回はバッチリだ。

今回の撮影会はこれで終了。

あぁ、鉄道旅行ができるまで2年の辛抱かぁ。

そんな思いで過ごしていた、ちょっと昔の撮影会でした。


ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]