忍者ブログ
HOME > ちょっと昔 写真館の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.09≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キハ40系は国鉄型気動車の中で現存する車両の最大勢力といえる。
ファミリーとしては、両運転台の40型、片運転台デッキなしの47型、片運転台デッキ付きの48型がある。デッキがあるのは室内に冷たい外気が入り込みにくいようにする目的があるので、寒冷地向け車両と言える。

山口線仁保駅にて山口線仁保駅停車中のキハ47。山口県内ではこのカラーリングが数多く見られます。山口線・岩徳線・山陰本線の益田駅~下関駅など。




山口線 三谷駅停車中のキハ47山口線三谷駅停車中のキハ47。





山陰本線鳥取行き普通。
撮影地・・・・おそらく倉吉駅ではないかと思うのですが、あやふやです。2006年の8月に撮影しました。
鳥取県内~島根県にかけてはこのタラコ色がまだ大きな勢力です。



山陰本線浜坂駅・・だったと思う山陰本線浜坂駅だったと思うのですが、記録は残っておりません。タラコ色に近いですが、もう少しピンクに近い塗装が施されています。




国鉄片町線 祝園駅にて
国鉄片町線の祝園駅にて。当時の片町線は枚方市にある長尾駅から京都府の木津駅まで非電化であり、このキハ40やキハ35が活躍していました。
写真の記事:鉄道(おっかけ)旅行 自転車の登場!


JR東海色のキハ48型 美濃太田駅にて
雪化粧の美濃太田駅で。2005年1月。キハ48は車両の端にデッキがあるため、扉は車両の端。つまり車両の中ほどには扉がなく、窓がずらりと並んでいる。


岐阜駅 高山本線ホームにて
  岐阜駅の高山本線ホームに停車しているのキハ48。冬季になると雪深い飛騨地方を走るため、客室内に冷気が入りにくいキハ48が活躍している。JR東海コーポレートカラー、緑色とオレンジ色のラインが入っているのが特徴。


米子区から来たキハ47タラコ色
山陰本線人丸駅から長門古市駅に向かっているキハ47。みすず潮騒号の代役として運用についている、米子区の車両(2009年5月撮影)。山口県内ではなかなか見られないタラコ色のカラーリング。



キハ47 7000番代 みすず潮騒号
キハ47 7000番代みすず潮騒号専用車両。外から見てすぐに分かる独特のカラーリングおよびデザインで、沿線の人たちにもすっかり人気。長門市仙崎出身の金子みすずにあやかった列車だ。仙崎駅に停車中。



みすず潮騒号の内部 展望式車両
下関寄りの車両は自由席だが、仙崎寄りの車両は指定席で、日本海の絶景を見るのに最適の展望用車両となっている。室内のデザインも洋風でおしゃれなものとなっている。



山口駅停車中のキハ40
山口線では、新山口駅~益田駅を通して走るものは珍しく、ほとんどが山口駅または宮野駅で折り返す。
そして、その先の郊外の区間は両運転台のキハ40が単行で運用に就くことが多い。



山口線 大歳駅停車中のキハ40山口市近郊区間であっても、日中は乗客が比較的少ないため、キハ40の単行運転の姿をよく見かける。撮影地は新山口と山口のちょうど真ん中あたりの大歳駅。






【広告】 インフルエンザ対策には専用マスクを。

マイクロエース A0710 キハ47更新車高岡鉄道部旧塗装4両セット

PR
EF81は交直流の電気機関車で、つなぎ役にもロングランにも大活躍。

つなぎ仕業では関門トンネルがとにかく有名。300番台や400番台がその役割を担ってきた。

ロングランでは日本海縦貫線(湖西線・北陸本線・信越本線・羽越本線・奥羽本線など)の、直流・交流の入り混じる路線の長距離優等列車・貨物列車などを牽引してきた。
                                             ブルートレイン日本海

青森発寝台特急日本海。大阪駅にて。1986年、ヘッドマークが復活したばかりの姿。濃紺のマークとローズピンクの車体のコントラストが鮮やか。


写真の記事:1986年夏!国鉄大阪での駅 撮影会 夜行列車編vol.1 
 ブルートレインつるぎ
新潟発寝台特急つるぎ。1986年大阪駅にて。
この頃の日本海縦貫線はつるぎ、日本海2往復、急行きたぐに など、夜行列車がどんどん走っていた。



EF81 411 富士はやぶさ東京行き
関門トンネル専用機として活躍した400番台。上り特急富士はやぶさの先頭に立ち、下関までの7分間の旅を先導する。門司駅にて。
寝台特急はやぶさ・富士 さよならカウントダウン企画その6


EF81 411 連結部門司駅に到着したばかりの下り富士はやぶさ。これからED76に付け換えるためEF81を開放する。

写真の記事:
寝台特急はやぶさ・富士 さよならカウントダウン企画その7 朝の門司駅

TOMIX(トミックス)国鉄 EF81-300形電気機関車(1次形モデル)
 
TOMIX(トミックス)国鉄 EF81-300形電気機関車(1次形・ローズ)(FU)HO-131
国鉄時代に生まれた電車の中で技術面で異彩を放っていた形式の一つ、381系。

振り子式という技術が採用され、図鑑の中でもわかりやすく解説されていたりして、子どもながらにすごく興味ある車両の一つだった。しかしながら、この振り子式と言う技術がその後新形式に採用されるのを見ることなく僕は大人になった。だから、この技術は今や過去のものなのか・・・そう思い始めた頃にTSEという振り子式車両が四国に登場したのだ。

やはり、この技術は近代日本の鉄道に欠かせないものとしてじっくり熟成されていたのだと驚いたのも、ちょっと昔。

381系貫通型 L特急しなの
 名古屋駅だと思われる写真。データが残っていないので定かではない。この車両は前面に貫通扉があるタイプ。

写真の記事:旅行アドレナリンが誘うきしめんの旅 続編




パノラマ型先頭車 美濃太田にて

もうすでに使用されなくなって美濃太田車両区に留置されているパノラマ型グリーン車の車両。

写真の記事:忘れ去られた、片隅の車両たち


天王寺駅にて L特急くろしお 天王寺駅で行き先表示を回していたL特急くろしお。いくら回されても、くろしおマークしか出てこなかった。

写真の記事:
    鉄道記念日直前の大阪駅から天王寺に移動しての撮影会



非貫通型 L特急しなの 大阪駅にて 実は鉄道写真撮影デビューの一枚。大阪駅にて。サイドのラインだけを見て「雷鳥が来てるわ」と言いながら撮りに行ったら・・・の写真。懐かしの一枚。

写真の記事:初めての鉄道写真撮影会IN大阪駅


大阪駅に到着した381系 L特急しなの長野駅発のL特急しなの12号が大阪駅に到着したところ。
この日は貫通型先頭車のタイプが使用されていた。上の写真と同じ列車ということになるが、到着したホームが異なっている。1986年8月8日撮影。
写真の記事:山陰へ出発する直前の大阪駅で。混合HM

              

                          ちょっと昔写真館  381系
EF67型直流電気機関車は、東広島市にある山陽本線の山岳区間、瀬野~八本松 (通称:セノハチ)間の勾配を無理なく走るための補助機関車として開発された、特殊な機関車。

それまではEF59型がその任務についていたが、老朽化し代替機が必要になり、EF67にバトンタッチした。直流型機関車なのに赤系の色でデビュー当時、話題となった。

0番代と100番代がある。

EF67セノハチ機 西条駅停車中。

手前側と向こう側とでは形が異なる珍しい機関車だ。写真が片側だけで申し訳ない。



EF66は国鉄型機関車としては最強のパワーを誇る直流電気機関車。
僕が小学生の頃、鉄道図鑑にはこんなことが書かれていた。

「EF66がブルートレインを牽いたらかっこいいだろうなぁって思うかもしれないけど、この機関車は力がありすぎてブルートレインを牽くのは逆にたいへんなんだ。残念だね。」

・・・・ん?先日まで当然のように感じていたあの組み合わせ。こんなこと言われていた時代もあったのですね。ちょっと昔のひとこまでした。
*******************************************************
京都駅で貨物牽引 京都駅で見たのが最初の出会い。実は停車しています。この46号機、後のブルートレイン牽引機の一台でしたね。何度かその姿を見ました。



名古屋駅で寝台特急さくら なんと、上と同じ46号機です。さくら号の先頭に立ち、この頃は前途ようように思えたものです。撮影は1994年秋頃。名古屋駅です。




寝台特急みずほ号を名古屋駅で上の写真と同じ日、同じ場所で撮影しました。この直後に臨時列車化が発表され、その2年後には完全廃止に追い込まれた、特急みずほ。九州ブルトレ廃止第一号(東京発で)。ここから衰退の歴史が始まった。


最終運転の3月14日富士はやぶさ号宇部駅2009年3月14日。最終日の姿。2時間近い遅れが出た最終列車だったがみんなに温かく見守られながら
下関に向かった。53号機によるラストラン。




[1]  [2]  [3]  [4]  [5
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]