忍者ブログ
HOME > > [PR] > ちょっと昔 写真館 > ちょっと昔 写真館 14系座席(昼行用)客車 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.07≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

絶滅危惧種に一気に浮上してきた感がある14系座席車。

 元々、12系をベースにして波動輸送用の特急形座席車との目的で製作された車両だ。簡易リクライニングシートが採用され、当時の特急車両としては申し分なかった。個人的な記憶で申し訳ないが、雷鳥51号~、金星51号~、踊り子51号~、つばさ51号~など(いずれも臨時特急)などが印象に残っている。この「臨時特急=51号~」というあたりが、ちょっと昔らしさを感じさせてくれる。

 しかし、鉄道全般の高速化、短編成化&運転本数増加の過密ダイヤが各都市圏で一般的な傾向となる中、遅れが生じやすい客車列車は経営側から敬遠されるようになってきた。やがて、昼行特急には向かないということで、季節の夜行列車用として配置されるようになった。そのあるものが、「シュプール号」シリーズ、また「リゾート白馬」などの列車だった。ただし、過密ダイヤの中組み込まれたため無理があり、旅行者たちからは「安いけど遅い」という悪評が聞かれていたという。

 それらがやや下火になった頃、「ムーンライト」シリーズの一角「ムーンライト九州」に使用され、今日に至っているものもある。しかし、この度マスコミによって明らかにされたように、車齢も重ねて老朽化してきたこともあり、廃止・解体のニュースが聞かれるようになっている。

 鉄道旅行の味わいぶかさを物語ってくれた存在がまた姿を消す運命にあるようだ。

★鉄道写真はクリックすると大きくなります

オハ14-207 ムーンライト九州色 下関車両センターにて撮影。撮影した直後に「ムーンライト九州」の廃止のニュースが報道された。比較的、まだ色鮮やかなオハ14-207。

ムーンライト九州がひっそりと引退・解体


14系時代の急行きたぐに 大阪駅3番線で大阪駅に到着した14系客車時代の急行きたぐに。原色のままの姿がむしろ新鮮な感じがする。寝台車両の14系と比べると、屋根がずいぶん低いことが明らかにわかる。

写真の記事:大沢達也がやってきた


スハフ14-32 下関車両センター 上記の「ムーンライト九州色」の14系とともに下関に来ていたと思われるスハフ14-32。カーテンはすべて閉じられていて中は見ることができなかった。





急行まりも 1988年 14系時代 札幌駅に到着した急行まりも。北海道の14系車両は、豪雪対策として(寝台車・座席車ともに)折り戸ではなく引き戸になっている。そうして雪が挟まって扉が開かないという問題が解消された。この当時は他にも急行大雪、急行利尻、急行天北などがまだ現役であり、札幌を中心とした夜行急行ネットワークが機能していた頃だ。鉄道旅行の形の変化はここにもはっきり見られる。



ちょっと昔写真館目次へ

 
TOMIX 92322 14系客車4両セット※10年1月発売予定予約品※
PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
客車列車が消えて
高校生の時、周遊券では良く夜行列車が宿代わりでした。
ホント14系や12系客車にはお世話になったものです。
そういう
列車や客車が消えるのは残念です。
TRAVAIR 2009/07/15(Wed)21:46:59 編集
無題
宿代わり・・・本当ですね。
私は、ちくま、だいせんなどが思い出深いです。
これからの鉄道はどうなっていくのでしょうね。
smilykaz URL 2009/07/15(Wed)21:50:19 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
牧野高校修学旅行4日目は長崎。
牧野高校11期生・修学旅行3日目は大移動だった。 熊本・水前寺公園に行ってから長崎まで行くのだ。 水前寺公園では何をお土産に買ったかは忘れたが、 その値段が 900円だったことはよく覚えている。 それは、そのお店のおじさんの客引きの仕方が面白く、 「買ってくれ..
URL 2009/09/17(Thu)10:24:30
[229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]