忍者ブログ
HOME > > [PR] > さよなら富士はやぶさ特集 > 寝台特急はやぶさ・富士 さよならカウントダウン企画その6 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.07≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鉄道ファンあこがれの場所での貴重な時間が終わり、外の世界に戻った僕。

富士はやぶさ両車の連結作業が済んだホームは鉄道ファンでごった返していた。



連結部分付近を避け、車体の写真を撮ることにした。

このSOLOのロゴマークは、ちょうど北斗星のボディにエンブレムがついた時と

同じように、ブルートレインにかっこいいワンポイント・アクセントとなった。

そのほかにはロビーカーやDUETなどもそんな印象だった。



デッキ入口上の表示も「B寝台ソロ COMPARTMENT CAR」となっている。



号車番号は最後までサボ形式が用いられた。

列車のサボの盗難が後を絶たなかったことを考えると奇跡的かもしれない。

でも,ちょっと昔の伝統を守り通した姿が見られて嬉しい。



僕は列車の出発シーンを撮っておきたかったので、最前部にてスタンバイした。

19:10 発車予定時まであと5分。

  先頭の機関車が2番手のEF81 411に替わり、出発の時を今かと待っている。

  1区間の任務に集中して待つ姿は、呼吸を整える短距離走者の様にも見えた。



19:13 隣りの6番線ホームに先発予定の普通列車がまだやってこない。

   ホームの駅員さんが「普通がまだ来んけん、2,3分遅れるのう」とつぶやく。

   確かに予定時刻直前なのにヘッドライトが点灯しない。



19:15 ようやく普通がやってきた。そして「遅れてすみません」とでも言うように、

   急いで去っていった。



ブルートレイン富士はやぶさ。いつでも出発できる準備が整っている。

各客車に着いている赤いランプが消え、折りたたみ扉がすべて閉じられた。


機関車が静かに動き出し、次の停車駅「下関駅」に向けて走り出した。

「さよなら、九州」。 そんな声が聞こえた気がした。



****************************************************

出発シーンの動画をこちらのブログにて公開しています。
ブルートレインはやぶさ・富士 惜別カウントダウン  その6
  門司駅出発(動画)


PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブルートレインはやぶさ・富士 惜別カウントダウン その6 門司駅出発(動画)
ブルートレイン富士はやぶさ。 たびたび遅れが出るこの列車も今日ここまでは順調。 19:10 発車予定時まであと5分。 僕はこの富士はやぶさ の出発シーンの動画を 撮りたかったので、最前部にてスタンバイした。 すでに先頭の機関車が2番手のEF81 411に替わり、 出発..
URL 2009/03/10(Tue)21:35:47
[130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]