忍者ブログ
HOME > > [PR] > さよなら富士はやぶさ特集 > 富士はやぶさ最終章 本当のお別れ 前編 RSS   Admin NewEntry Comment
JRが国鉄と呼ばれていた「ちょっと昔」に戻ってカズ少年が鉄道の旅へご案内
  • 2017.07≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鉄道ファンならずとも日本中の大勢の人が注目し、夕方のニュースに見入った日。

その翌日2009年3月14日の朝は、文字通り「富士はやぶさ」の運転最終日だった。


僕も最後の雄姿を見たい衝動を抑えきれず、山陽本線を目指すことにした。

さて、いったいどこが落ち着いて写真を撮れるところだろうか。

このころ数多くのブログ筆者様がそれぞれの撮影スポットでの写真を公開され、

僕もそれらを結構チェックしていたのだが、県内で探すとなるとどうだろう?と、

かなり本気で心配していた。


そんな中、最も目に留まったのがBLUE ON BLUE 様ブログ、3月9日の記事。

ブルートレインの全体像を捕らえて写真に残すには、向かいのホームから、

しかも、間に何本も線路があるところでなく、近距離から狙えるところということで、

宇部駅での撮影が最後にふさわしいと自分で納得し、朝早くに出かけた。


到着したのは朝7時50分くらい。宇部駅構内はファンが数名おろおろしていた。

富士はやぶさ最終日の遅れ

予想できなかったわけではない「遅れ」とはいえ、ここまですごいことになるとは・・・


しかし、これで最後。余韻を十分に味わうには憎すぎる演出だ。

僕は、同行した妻と共に駅そばを食べて腹ごしらえをし、その時を待った。


そしてついに彼はやってきた。



遅れているからと慌てるでもなく、「今日は俺の晴れの日だ!」とでもいうように、

ゆったりと悠然とホームに入ってきた。



停車時間は1分だと聞いている。相当急がないとわずかしか撮れない。

僕はホーム上をすごい勢いで走って最後部まで向かった。

途中、昨晩のニュースの時にチラッと映った「さよなら富士」のサボが目に入った。

「ブルトレにサボのホルダーなんかあったっけ?」と疑問だった、その謎が解けた。

番号札のホルダーだったのだ。



再び僕は走り出し、ついに後姿を見られるところまで来た。

やっぱり、たとえ老朽化してもこの姿は僕の青春、思い出の記憶だ。

心の中で走り続けてくれるだろうと、僕は思う。



でも、そろそろ出発かな?

発車のベルが鳴るまで撮れるだけ撮らないと!

そう思っていたのに、なかなか発車する気配がない。何かあったのか?

まぁ、それより今は写すぞ。



こうして僕は思いがけず与えられた時間のおかげでもう一度先頭部に戻れた。

約4分のスペシャル撮影会の末、発車のアナウンスが鳴り響いた。
PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
山陰の旅プラン進行中!
時刻表をパラパラとひもとき、旅行計画を練る。 「東海道本線・山陽本線(米原~岡山)」のページだ。 とにかくつながりよく岡山まで行きたい! そう思ってみると、姫路駅で一度乗り換えるだけで、 岡山まで行けてしまう乗り継ぎがあった。 しかし、本当に可能なのだろ..
URL 2009/05/02(Sat)22:35:23
[173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163
ランキングボタン
鉄道COMへGO!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
↑応援してね↑
ウェルカムボード・表札
ウェルカムボード
プロフィール
HN:
smilykaz
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/12/19
職業:
ステッカー製作
趣味:
国内鉄道旅行
自己紹介:

けっして後ろ向きの性格ではないが、
昭和の国鉄風情をこよなく愛し、
ちょっと昔なつかしいもの好き。
古いものを大切にする・・・のかも。
思い出の品、焼いもアイス、ラムネ
昭和の香り漂う鉄道旅行、愛好家。

昔風情いっぱいの日本昭和村がある岐阜県美濃加茂市に近い坂祝に本籍地がある。偶然。長良川鉄道やJR高山本線・太多線など鉄道の要所に加え、ちょっと前まであった坂祝セメント貨物など、鉄分もいろいろある所だ。

現在は、日本海側のある街でイラストやデザイン表札の仕事をしている。
おすすめ鉄道グッズ
ブログへのコメント
[02/24 smilykaz]
[07/22 smilykaz]
ちょっと昔・・・携帯
鉄道旅行バナー
当サイトはリンクフリーです
ご自由にご活用ください
鉄道旅行バナー
鉄道の本を探すなら
 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
雑誌名:旅と鉄道、鉄道ジャーナル、鉄道ファン、ダイヤ情報 など。 検索:路線名、車両形式名、列車名など
ちょっと昔 写真館 目次
117系のページ公開しました。 キハ40系 更新しました!
フリーエリア
国鉄特急電車物語(直流電車編)

国鉄特急電車物語(直流電車編)

価格:1,995円(税込、送料別)

国鉄急行電車物語

国鉄急行電車物語

価格:1,890円(税込、送料別)

わが国鉄時代(vol.2)

わが国鉄時代(vol.2)

価格:1,800円(税込、送料別)

鉄道旅行-ちょっと昔の旅 Produced by smilykaz
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]